ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 長野市上下水道局 > 平成29年度 長野市水道事業会計決算

平成29年度 長野市水道事業会計決算

水道事業の状況

長野市の水道事業は、全市域のうち県営水道の給水区域である篠ノ井、川中島、更北等の地区を除く約240平方キロメートルを給水区域としています。

長野市では大正4年から給水を開始し、市域の拡大や経済の発展に伴い高まる水需要に応えるため、水源の確保、水道施設の整備などに取り組み、安全で良質な水道水の供給に努めてきました。水道の普及率は、ほぼ100%に達しており、老朽化した施設の更新などが事業の中心になってきています。

一方、人口の減少や節水機器の普及などにより有収水量は減少傾向にあり、水道事業の経営課題となっています。

有収水量

水道事業の財務

水道事業は、地方公営企業として、お客様からの水道料金など経営に伴う収入により運営しています。

また、施設の運転、管理など給水事業を運営するための収益的収支と施設の整備、改修など建設事業を賄う資本的収支に分けて経理しています。

収益的収支

事業収入の主なものは、お客様からの水道料金で、浄水場を始めとする水道施設の運転、水道管の維持管理、職員の給与、借入金の利息の支払い等に使われています。

平成29年度の収益的収支のうち、収入は71.7億円となっています。他会計負担金の減少等により前年度と比べ0.4%の減少となりました。

また、支出は56.7億円となっています。工事の減少等により前年度と比べ2.1%の減少となりました。

その結果、平成29年度の純利益は15.0億円となり、このうち11.9億円は借入金の返済にあてるため減債積立金に、3.1億円は施設の更新財源とするため建設改良積立金にそれぞれ積み立てました。

収益的収支

資本的収支

浄水場や管路の整備には多額の資金が必要です。これらの資金は、企業債(借入金)、一般会計からの繰入などによって調達しています。

平成29年度の資本的収支のうち、収入は26.9億円となっています。企業債の発行による借入金の増加等により、前年度と比べ17.3%の増加となりました。

また、支出は57.1億円となっています。工事の増加等により、前年度と比べ12.1%の増加となりました。

なお、収入が支出に対し不足する額30.2億円は、減価償却費など現金支出を伴わない経費に係る内部留保資金で補填しました。

資本的収支

損益計算書

科目平成29年度
(平成29年4月1日
から
平成30年3月31日)
平成28年度
(平成28年4月1日
から
平成29年3月31日)
増減
1.営業収益6,142,364,287円5,915,432,938円226,931,349円
 給水収益6,101,254,722円5,877,229,103円224,025,619円
 その他営業収益41,109,565円38,203,835円2,905,730円
2..営業費用5,059,838,564円5,144,714,205円△84,875,641円
 原水費193,790,275円189,471,168円4,319,107円
 浄水費747,210,528円712,374,117円34,836,411円
 配水及び給水費758,288,903円803,905,627円△45,616,724円
 量水器管理費108,028,872円98,826,954円9,201,918円
 業務費176,856,653円171,360,746円5,495,907円
 総係費186,180,924円191,275,716円△5,094,792円
 減価償却費2,822,926,075円2,827,022,600円△4,096,525円
 資産減耗費66,556,334円150,477,277円△83,920,943円
3.営業利益(1-2)1,082,525,723円770,718,733円311,806,990円
4.営業外収益974,916,613円1,232,118,482円△257,201,869円
 受取利息及び配当金8,698,483円14,502,905円△5,804,422円
 他会計負担金327,680,000円562,138,000円△234,458,000円
 加入金90,150,200円97,009,000円△6,858,800円
 長期前受金戻入536,429,055円540,111,213円△3,682,158円
 雑収益11,958,875円18,357,364円△6,398,489円
5.営業外費用555,472,759円590,239,555円△34,766,796円
 支払利息及び
企業債取扱諸費
544,633,322円576,587,308円△31,953,986円
 雑支出10,839,437円13,652,247円△2,812,810円
6.経常利益(3+4-5)1,501,969,577円1,412,597,660円89,371,917円
7.特別利益56,200,000円56,200,000円0円
 その他特別利益56,200,000円56,200,000円0円
8.特別損失54,563,107円54,563,107円0円
 その他特別損失54,563,107円54,563,107円0円
9.当年度純利益(6+7-8)1,503,606,470円1,414,234,553円89,371,917円
10.前年度繰越利益剰余金0円0円0円
11.その他未処分利益剰余金1,314,234,553円1,227,401,994円86,832,559円
当年度未処分利益剰余金
(9+10+11)
2,817,841,023円2,641,636,547円176,204,476円

貸借対照表(平成30年3月31日)

借方貸方
科目金額科目金額
(資産の部)(負債の部)
固定資産65,294,522,780円固定負債31,072,596,403円
 土地2,300,428,549円 企業債29,059,142,246円
 立木1,840,665円 引当金2,013,454,157円
 建物1,356,240,726円流動負債3,101,665,779円
 構築物51,618,189,619円 企業債1,760,482,205円
 機械及び装置6,356,402,771円 未払金1,256,392,210円
 車両運搬具57,460,343円 預り金15,406,969円
 工具器具及び備品58,305,748円 引当金69,384,395円
 建設仮勘定2,206,925,609円繰延収益12,029,543,654円
 施設利用権1,338,728,750円 長期前受金12,029,543,654円
流動資産13,166,871,737円(資本の部)
 現金預金12,511,997,511円資本金28,190,526,716円
 未収金637,572,436円 自己資本金28,190,526,716円
 貸倒引当金△15,354,193円剰余金4,067,061,965円
 貯蔵品32,468,274円 資本剰余金64,220,942円
 仮払金187,709円 利益剰余金4,002,841,023円
資産合計78,461,394,517円負債・資本合計78,461,394,517円

平成29年度長野市水道事業会計決算書 [PDFファイル/1.47MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5070
Fax:026-224-5114
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る