ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 令和元年東日本台風(台風第19号)災害関連情報 > 令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民健康保険のお知らせ

令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民健康保険のお知らせ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年5月11日更新

令和元年東日本台風(台風第19号)に伴う水害で被災された皆さまへお知らせ

医療機関等での窓口負担額(一部負担金)のお支払いを免除します

 ※令和2年4月1日からは受診の際に必ず「免除証明書」を提示してください。

 令和元年東日本台風により次の(1)~(5)のいずれかに該当する方については、医療機関等の窓口で「国民健康保険一部負担金免除証明書」を保険証に添えて提示していただくことで、令和2年9月末まで窓口負担額の免除を受けることができます。

 免除証明書は令和2年3月下旬に次の(1)に該当する世帯にお送りします。(2)~(5)に該当する方は国民健康保険課までご相談ください。

(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方

(2)主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負われた方

(3)主たる生計維持者の行方が不明である方

(4)主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方

(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

※入院時の食事療養費、生活療養に係る標準負担額、柔道整復師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師による施術に係る一部負担金及びコルセットなどの補装具代、その他保険診療外の費用(差額ベット代等)は免除対象外です。

※令和2年3月末までは、医療機関等への受診の際に保険証がない場合、保険証を紛失あるいは住居に残したまま避難しているため医療機関等に提示できない場合は、氏名、生年月日、連絡先、(電話番号等)、住所を口頭にてお伝えいただくことで、保険適用による受診ができます。医療機関の窓口でその旨をご申告いただくことで、医療保険の窓口負担について支払いが不要となります。

※医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、国民健康保険課から確認する場合があります。

医療機関等の受診について(令和2年2月27日現在) [PDFファイル/303KB]

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

リンク https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07392.html

〇お問い合わせ

・国民健康保険加入の方

保健福祉部 国民健康保険課 給付担当

電話 026-224-7225(直通)

被災後に病院・薬局等に支払った自己負担額を還付します

 長野市国民健康保険加入期間において、令和元年10月12日以降に病院・薬局等の医療機関を受診し、自己負担額(一部負担金)を支払われた方は、申請により、支払った金額を還付します。還付の対象は、令和元年東日本台風(台風第19号)の被災者で、上記の(1)~(5)のいずれかに該当する方です。

申請に必要なもの

・保険証

・世帯主のご印鑑(認印可)

・医療費の領収書(原本)

 領収書原本は確認後にお返しします。紛失等で領収書がない場合は医療機関で発行できる支払い済証明書(有料)をお持ちください。

・通帳など普通預金口座がわかるもの

還付の時期

診療報酬明細書(レセプト)審査後の支給となりますので、申請から2、3か月後にお振込みの予定です。

受付場所

長野市役所国民健康保険課(第一庁舎2階)及び各支所

関係書類様式

国民健康保険 一部負担金還付申請書 [PDFファイル/153KB]

国民健康保険 一部負担金還付申請書(記載例) [PDFファイル/210KB]

自己負担額(一部負担金)還付のお知らせ [PDFファイル/230KB]

〇お問い合わせ

 ・国民健康保険加入の方 

  保健福祉部 国民健康保険課 給付担当

  電話 026-224-7225(直通)

保険証の再発行について

 国民健康保険課もしくはお近くの支所で再発行可能です。本人確認(運転免許証等)できるものをお持ちください。

 本人確認できるものが流失等によりない場合、氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)、住所の確認が取れれば、再発行可能です。

 代理人の方が支所等の窓口で再交付の手続きをされる際は、可能な限り委任状をお持ちいただき、併せて代理人の方の本人確認(運転免許証等)できるものをお持ちください。

 

〇お問い合わせ先

・国民健康保険加入の方

 保健福祉部 国民健康保険課 賦課担当

 電話 026-224-5025(直通)

保険料の減免について

 主な生計維持者の方が以下の被害を受けた場合、申請により保険料の減免を受けることができます。

 減免の対象となるのは、次の期間です。

 ●令和元年度:10月期から3月期

 ●令和2年度:4月分から9月分までに相当する月割算定額

対象となる期間が延長されました。すでに令和元年度分の申請が済んでいる場合は、あらためて延長分を申請する必要はありません。

※理由により申請方法等が異なりますので、ご注意ください。

1 居住する住宅の損害

損害の程度減免割合
全壊10/10
半壊・大規模半壊1/2
床上浸水1/2

・所得要件はありません。

・損害の程度は「り災証明書」で確認します

・申請は、「令和元年台風19号に関する被害に係る長野市税等減免申請書」で、他の保険料等の減免申請に合わせて申請ができます。お近くの支所、国民健康保険課等の一括申請取り扱い所属で受け付けています。

令和元年台風第19号災害に伴う国民健康保険料等減免申請に関する様式はこちらから

2 収入の減少等

理由減免割合
収入減少前年の合計所得金額に応じ減免( 2/10 ・ 4/10 ・ 6/10 ・ 8/10 ・ 10/10)
廃業・失業10/10

・所得要件があります。

・非自発的失業者(勤務先の都合による離職者)の方は、非自発的離職者に対する軽減制度が適用になりますので、本減免の対象とはなりません。

・申請方法等詳細につきましては、国民健康保険課へ直接お問い合わせください。

 

3 その他

・主な生計維持者が死亡したり、重篤な傷病を負った場合、行方不明となった場合は、保険料が全部免除されます

今回の減免の取り扱いは令和元年東日本台風(台風第19号)の被災者に対する特例として実施するものです。令和元年東日本台風(台風第19号)以外の災害等を理由とする保険料の減免につきましては、国民健康保険課へ直接お問い合わせください。

・迅速な処理を心がけておりますが、多くの方から申請をいただいておりますことから、通常よりお待たせすることがあるかと思います。あらかじめご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

 

〇お問い合わせ先

・国民健康保険加入の方

保健福祉部 国民健康保険課 賦課担当

電話 026-224-5025(直通)

納付の猶予について

被災されたことにより、国民健康保険料を納付期限内に納められない場合は、納付の猶予(申請に基づいて納める時期を遅らせたり分割して納めること)を受けることができますので、ご相談ください。

納付の猶予制度についてはこちらから

〇お問い合わせ先

保健福祉部 国民健康保険課 収納担当

電話 026-224-7260(直通)

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第一庁舎2階
賦課担当
Tel:026-224-5025
Fax:026-224-5101
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る