ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 保険・年金 > 国民年金 > 令和元年東日本台風(台風第19号)災害関連情報 > 令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民年金のお知らせ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 消防・防災 > 風水害 > 令和元年東日本台風(台風第19号)災害関連情報 > 令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民年金のお知らせ

令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民年金のお知らせ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年7月1日更新

令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方へ 国民年金のお知らせ

 令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けられた方に、心からお見舞い申し上げます。

 国民年金保険料(第1号被保険者の保険料)については、災害等で大きな被害を受けたことにより納付が困難な場合、申請により納付を免除される場合があります。

対象者

 災害により被災し、住宅、家財その他の財産について、おおむね2分の1以上の損害を受けられた方

申請に必要なもの

提出先

 国民年金室(市役所本庁第1庁舎2階)、各支所または、長野南年金事務所(電話026-227-1284)

免除される期間等

 災害等を理由とした免除期間は、災害等が発生した日の属する月の前月分から翌々年の6月分まで。
 このため、今回の災害による免除期間は、令和元年9月分から令和3年6月分までとなります。

 免除申請は年度単位で行っていただく必要があります。
 令和元年度分が免除期間としてすでに承認されている方も、令和2年7月から令和3年6月までの期間は、令和2年度分としてあらためて申請していただく必要があります。
 被災状況届、罹災(りさい)証明書の写し、保険金・損害賠償金等の支給金額等を確認できる証明書の写しは、申請の都度添付いただく必要があります。

その他

 全額免除となった期間は、老齢基礎年金の受給額から減額されます。
 保険料が免除された期間は、10年以内であれば後から保険料を納めること(追納)により、保険料を納付した場合と同じとなります。
 保険料免除期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

 令和元年台風第19号による日本年金機構からのお知らせはこちら [PDFファイル/577KB]
 日本年金機構「震災・風水害・災害等により損害を受けたとき」へのリンク(新しいウィンドウが開きます)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
国民年金室
Tel:026-224-5026
Fax:026-223-7200
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る