ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 令和元年台風第19号災害関連情報 > 令和元年台風第19号により被災された方へ 介護保険のお知らせ

令和元年台風第19号により被災された方へ 介護保険のお知らせ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年2月13日更新

台風19号に伴う水害で被災された皆さまへお知らせ

このたびの災害により、市内各所で大きな被害が発生しました。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

令和元年台風第19号に伴う災害で被災された皆さまへお知らせ

令和元年台風第19号の被災された方に対して、介護保険の取り扱いを下記のとおり実施いたします。

介護保険の被保険者証及び負担割合証がなくても介護サービスを利用できます

被保険者証及び負担割合証(以下「被保険者証等」という。)を紛失あるいは家屋に残したまま避難していることにより、指定居宅サービス事業者、指定居宅介護支援事業者及び介護保険施設等に提示できない場合は、氏名・住所・生年月日・負担割合を口頭にてお伝えいただくことで、被保険者証等を提示したときと同様に介護保険サービスを受けられます。

また、次の1~5のいずれかに該当する方は、被保険者証等の提示がなくとも、サービス提供事業者にその旨をお伝えいただくことで、サービス利用料の支払いが不要となります。 (令和2年3月末まで)

  1. 住宅の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
    ※り災証明書の提示は必要ありませんので、サービス提供事業者に口頭で申告してください。
  2. 主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

※申告いただいた内容について、後日、確認する場合があります。

※介護保険施設等における食費・居住費・日常生活費等はお支払いしていただく必要があります。

医療機関等の受診について(令和2年1月31日現在) [PDFファイル/290KB]

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

要介護認定及び介護サービスの取り扱いについて

要介護認定(要支援認定を含む。以下同じ。)については、下記のとおり対応します。

  • 新規の要介護認定申請前にサービスを受けた被保険者に対しても、特例居宅介護サービス費等を支給できます。
     
  • 要介護認定に係る更新手続きが困難な被保険者については、引き続き同様のサービス提供を行うことができる取り扱いとするため、認定有効期間を延長することができます。長野市に住所を有する被保険者で次のいずれかに該当する方はご相談ください。
  1. 災害に伴い要介護認定の更新申請をすることができない場合
  2. すでに更新申請を行っている方が、災害に伴い認定調査を受けることができない場合
  3. 更新申請に係る主治医意見書について、災害に伴い主治医の診察を受けることができないなど、主治医意見書の作成ができない場合
  4. その他市長が特に認める場合
  • 既に要介護認定申請を行っている方に対して、認定審査会を開催できない等の事情により通常の要介護認定を行えない場合も、暫定ケアプランを用いたサービス提供を行うことができます。

被保険証の再交付について

介護保険課もしくはお近くの支所(豊野、長沼を除く)で再交付の申請が可能です。本人確認(運転免許証等)できるものをお持ちください。

本人確認できるものが紛失等によりない場合は、氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)、住所等の確認が取れれば、再交付の申請が可能です。

代理の方が支所等の窓口で再交付の手続きをされる際は、代理の方の本人確認(運転免許証等)できるものをお持ちください。

65歳以上の方の介護保険料の減免について

被保険者または主な生計維持者の方が以下の被害を受けた場合、申請により介護保険料の減免を受けることができます。

理由により申請方法等が異なりますので、ご注意ください。

1 減免対象
区    分減免の割合

 居住する住宅の損害

 (罹災証明書による)

 全壊全   部
 半壊・大規模半壊・床上浸水2分の1

 主たる生計維持者が死亡、障害者となった、重篤な傷病を負った

全   部

 主たる生計維持者の収入減

全 部、 10分の8
  • 減免の対象となる介護保険料は、令和元年度分の介護保険料のうち、月割りによる令和元年10月分から令和2年3月分(令和元年度分介護保険料年度額の半額)です。
  • 「居住する住宅の損害」「主たる生計維持者が死亡、障害者となった、重篤な傷病を負った」の場合、所得要件はありません。
  • 「主たる生計維持者の収入減少」の理由による減免については、所得要件により減免割合が異なりますので、介護保険課まで直接お問い合わせください。

2 申請方法

  • 申請は、市税や保険料等の減免申請を一括申請できる「令和元年台風19号に関する被害に係る長野市税等減免申請書」で、市税等の減免申請に合わせて申請ができます。
  • 申請はお近くの支所(豊野、長沼を除く)、災害相談窓口(市役所第一庁舎1階市民交流スペース、柳原、豊野、松代支所及び篠ノ井総合市民センターの開設窓口)、介護保険課等で受け付けています。
  • 記入方法や提出先など詳しくは、令和元年台風第19号災害に伴う減免申請に関する様式をご覧ください。

3 その他

  • 迅速な処理を心がけておりますが、多くの方からの申請が予想されますことから、申請をいただいてから減免に関する通知をお送りするまでに、通常よりお待たせすることがございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
  • 減免決定に伴い、既に納付いただいた介護保険料の過納付分は、後日還付いたします。
  • このほか、保険料の納付についても随時ご相談をお受けしております。

〇お問い合わせ先

保健福祉部 介護保険課

  • 介護保険サービスの利用料の免除について

    サービス担当     電話026-224-7871(直通)

  • 要介護認定について

    認定担当       電話026-224-7891(直通)

  • 介護保険料の減免 介護保険被保険者証の再交付 について

    賦課・収納担当    電話026-224-7931 または 026-224-7991(直通)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
介護保険課 代表
Tel:026-224-7991
Fax:026-224-8694
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る