ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 長野駅善光寺口駅前広場の整備 > 長野駅善光寺口駅前広場整備計画

長野駅善光寺口駅前広場整備計画

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年7月1日更新

 整備目標

整備目標(1)

中心市街地の核として賑わいと広がりがある都市拠点の形成
<駅とまちの連携促進>

整備目標(2)

公共交通への乗換えの利便性が高く、スムーズな移動の確保による安全で快適な交通結節機能の充実
<公共交通の利用促進>

整備目標(3)

長野らしさや快適性に富んだ魅力ある駅前景観の形成
<長野の顔づくり>

整備方針

バスロータリー・タクシープール・広場の配置

バスと鉄道の乗り継ぎの利便性、停留所と中心市街地の近接性を確保するため、広場を中央に、北側にバスロータリー、南側にタクシー及び一般車とし、基本的な配置は現在と同様とする。

歩行者専用デッキの取扱

平成8年に都市計画決定されたウエストプラザ長野方面、ホテル池紋方面、ながの東急方面の3方向への歩行者専用デッキについては、景観が損なわれること、広場の開放感が失われること、デッキと歩道を結ぶ階段により歩道が狭くなり通行に支障が出ることなどから、ホテル池紋方面及びながの東急方面へのデッキは設置しないこととし、途中まで整備されているウエストプラザ長野方面への1方向のみを整備する。

東西連絡地下道の活用

JRと長野電鉄の乗り継ぎの利便性を高め、ながの東急方面への往来を円滑にするため、既存の東西連絡地下道を活用した地下空間を整備する。

駅前広場内施設の充実

駅前広場内での上下移動や広場内施設のバリアフリー化、バス乗降場、自転車施設等の利用環境の向上など、駅前広場利用者の快適性を向上させる施設の整備、充実を図る。

具体的な整備内容

計画図面を見る(PDF:446KB)
※平成22年時点の計画なので、最終的な施設配置とは異なる場合があります
※図面中の番号は下記の場所を示しています。

広場

(1)バスバースは7台とし、バス待機スペースも確保する。

(2)タクシープールは25台とし、駅舎から近い場所にタクシー乗車場を設置する。

(3)タクシー及び一般車降車場は、一般車駐車場と隣接することにより利便性の向上を図る。

(4)東西連絡地下道への出入口は、東西自由通路から近い場所に設置する。

歩行者専用デッキ

(5)歩行者専用デッキは、駅舎へ直接接続する。

バリアフリー等

(6)東西自由通路(2階)と東西連絡地下道(地階)を連絡するエレベーターを整備する。

(7)駅前広場と東西自由通路を接続するエスカレーターは上下両方向を整備する。

(8)東西連絡地下道の長野大通り西側出入口の可能な箇所には、スロープ、エスカレーター等の整備を検討する。

(9)シェルター(雨よけ)や案内表示など利便性向上のための施設を整備する。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
計画担当
Tel:026-224-5050
Fax:026-224-5111
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る