ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

松代城の整備

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

松代城跡の環境整備

 

3、松代城の整備

 平成7年度からはじまった松代城跡の整備工事では、埋蔵文化財や古文書・絵図などの歴史資料をもとに、専門家を中心とした整備委員会を組織して検討を重ね、文化庁の指導を受けながら整備をすすめてきました。 松代城は享保2年(1717)の火災により建物がことごとく全焼しており、火災以前の歴史資料が乏しいため、整備では享保の大火後の再建から廃城までの姿の再現を基本としています。
  工事では、太鼓門・北不明門の復元、石垣の修復、土塁・堀等の整備を実施しており、江戸末期の城郭空間をよみがえらせました。

 

太鼓門

本丸南側の大手(正面)に位置する門です。本丸に存在した3ヶ所の櫓門の中で最大規模の門でした。高さ11.8mの櫓門と「橋詰門」と呼ばれる高麗門、続塀を再現しました。

 

内堀

廃城以降順次埋め立てられ、整備前は位置すら判別しがたい状況でしたが、発掘調査の結果、内堀の範囲や形状が確認できました。整備では堀としてよみがえりました。

 

北不明門《きたあかずもん》

本丸北側の搦手《からめて》(裏側)に位置する門です。18世紀前半までは千曲川の河川敷に位置していたことから水ノ手御門の呼び名もありました。自立する櫓門と「枡形門」と呼ばれる高麗門と続塀を復元しました。

 

本丸

本丸内には藩主が政治を行い、生活する御殿がありました。発掘や絵図資料から、御殿は数回建て替えられていたことが分かりました。今回の整備では、御殿の平面表示は行わず、調査で確認された礎石は土で盛って保護してあります。

 

土塁と埋門

本丸は石垣で囲まれていますが、二の丸は基本的に土塁で囲まれていました。また、東・南・西に配された3ヶ所の櫓門のほかに、土塁にトンネル状につくられた埋門と呼ばれる出入口がありました。

 

二の丸南門

二の丸南側の出入口に位置する門です。整備では発掘調査と史料調査をもとに建物の一部表示、石垣の修復を行っています。

 

 

全体平面図

 全体平面図

 

 

北不明門工事写真
北不明門の工事の様子

 

 

松代城写真
よみがえった松代城

 



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
文化財保護担当
Tel:026-224-7013
Fax:026-224-5104
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る