ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健所 健康課 > 新型コロナワクチンの副反応について

新型コロナワクチンの副反応について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年9月30日更新

新型コロナワクチンの副反応について

Q:ワクチン接種後の副反応とは何ですか。

A:ワクチン接種が原因で起こる反応のことです。 

Q:ワクチンを接種した後の副反応には、どのようなものがありますか。 

A:ワクチンを接種した後に比較的起きやすい症状としては、以下のようなものがあります。

 
発現割合症     状
ファイザー社モデルナ社(武田薬品)
50%以上接種部位の痛み、疲労、頭痛接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛
10~50%筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ関節痛、悪寒、吐き気・嘔吐、リンパ節症、発熱、接種部位の腫れ、発赤・紅斑
1~10%吐き気、嘔吐接種後7日以降の接種部位の痛みなど(※)

 (※)接種部位の痛みや腫れ、紅斑

Q:ワクチンを接種した後に熱が出たら、どうすればよいですか。

A:ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多いです。発熱時は解熱剤を服用しても構いません。(ワクチンの効果は下がりません。)
 ワクチンを接種した後、2日間以上熱が続く場合や症状が重い場合は、医療機関や長野県ワクチン接種相談センターにご相談ください。

 ◎長野県ワクチン接種相談センター 電話026-235-7380(24時間 無休)

Q:咳やのどの痛み、息切れなどの症状が見られたら、どうすればよいですか。

A:ワクチン接種後の副反応としては通常みられない症状のため、風邪や新型コロナウイルス感染症等の可能性があります。医療機関やワクチン接種相談センターにご相談ください。

Q:副反応は1回目の接種後より2回目の接種後の方が強いと言われるのはどうしてですか。

A:1回目のワクチン接種でいくらか免疫がつくことで、2回目の接種後の方が、免疫反応が起こりやすくなるため、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすくなります。
 接種した1~2日後に副反応が出現することがありますが、ほとんどは3日以内に回復します。
 可能であれば、接種当日と翌日は予定を空けておくことをおすすめします。

Q:アナフィラキシーとは

A:重いアレルギー反応のことです。ワクチン接種の後、数分から数時間以内で起こる症状で、90%が30分以内に起こるとされています。

Q:アナフィラキシーではどのような症状がでますか。治療法はありますか。

A:じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼びます。アドレナリンの筋肉注射、酸素投与、横になって安静などにより治療できます。治療により回復し、後遺症は残りません。
 ※詳細は医療機関や長野県ワクチン接種相談センター(026-235-7380)へお問い合わせください。

 

【ご注意ください】

  • 国内外で、注意深く調査が行われていますが、ワクチン接種が原因で、何らかの病気による死亡者が増えるという知見は得られていません。
  • 海外の調査によれば、接種を受けた方に、流産は増えていません。
  • 接種後の死亡と、接種を原因とする死亡は全く意味が異なります。接種後の死亡にはワクチンとは無関係に発生するものを含むにもかかわらず、誤って接種を原因とする死亡として、SNSやビラなどに記載されている例があります。
  • 厚生労働省では、医師から副反応を疑って報告された事例を、透明性をもって全て公開しています。詳しくは、厚生労働省のページをご覧ください。
    新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(新しいウインドウが開きます)

副反応による健康被害が起きた場合の救済制度について

  一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

※救済制度に関する相談、申請窓口は、「接種時の住民票所在地の市区町村」です。

※救済認定の可否については、「疾病・障害認定審査会(厚生労働省)」での判断となります。よって、認定結果をご通知するまでには、相応の時間を要するものと思われますので、ご了承ください。

※救済認定された場合の給付対象範囲について、差額ベッド代・薬の容器代・文書代等の保険適用外のものは給付対象外(自己負担)となりますので、ご注意ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
ワクチン接種対策担当
Tel:026-226-9960
Fax:026-226-9982
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る