ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

既に認定を受けた地域再生計画

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年4月1日更新

長野市が認定を受けた地域再生計画の概要について

(1)計画期間中のもの

 
計画の名称

地域の至宝「農業と観光」を生かす北しなの道整備計画

計画の認定日

平成29年3月28日

計画期間

平成29年度~令和3年度
計画の概要

市道、町道、広域農道の一体的な整備により、地域の道のネットワークを整備し、交通安全の向上、農産物輸送や観光・一般交通の効率化を通じて、新規就農者の増、観光客の増、小さな拠点の形成による再生を図る。

※長野県、長野市、信濃町、飯綱町

支援処置

道整備交付金

評 価

長野県ホームページで公表
 
計画の名称

ながの創造的まちづくり計画

計画の認定日

平成30年3月30日

計画期間

認定日~令和3年3月31日
計画の概要

魅力ある商品やコンテンツを開発することで産業振興を推進するとともに、若年層やこれまで当市を訪れていなかった層も引きつけることで交流人口の増加を図る。また、それらを「Japan Design Week」のネットワークにより情報発信することで、今後も増加が見込まれるインバウンド需要を呼び込み、消費の拡大につなげる。併せて、これまであまり光が当たっていなかったポテンシャルのある地域資源を磨き上げ、今後を担う人材を育成して地域活力の増進を図る。

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

中間評価結果 [PDFファイル/40KB]
 
計画の名称

地域固有の自然景観を活かした動物園再整備による地域活性化計画

計画の認定日

平成30年3月30日

計画期間

認定日~令和3年3月31日
計画の概要

長野市の観光拠点の一つである茶臼山動物園を地域固有の自然景観を活用した特色ある動物展示を取り入れ再整備する。再整備では、動物の生息地の環境を再現しながら動物本来の行動を引き出す「生息環境展示」の手法を取り入れ、動物本来の野生での暮らしや生態を学べる展示に取り組む。更に、園内の樹林の活用や、園内から望む山林や山稜など優れた眺望を展示に取り込むことにより本動物園でしか見ることができない魅力ある動物展示を実現する。

支援処置

まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った法人に対する特例

評 価

中間評価結果 [PDFファイル/55KB]

 

計画の名称

信州ナビによる周遊・滞在の促進プロジェクト~長野県の魅力を最大限活かした賑わい創出~

計画の認定日

平成30年8月31日

計画期間

認定日~令和3年3月31日
計画の概要

広大な県土に広く点在する豊富な観光インフラや、周遊可能な移動手段をうまく活かしながら、Ictプラットフォームである、長野県観光・交通案内アプリ及びWebサイト「信州ナビ」システムを有効活用して、情報発信の工夫によるヒトの流れの誘導や、独自の受入環境を整備するとともに、収集可能となるビッグデータの分析・観光プロモーション等への利活用を進めることで、多様な来訪者を取り込み、県内での滞在時間・購買意欲の増加を促し、賑わいのあるまちづくりを推進する。

※長野県、長野市、松本市

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

長野県ホームページで公表
計画の名称

長野県Ujiターン就業・創業移住支援計画

計画の認定日

平成31年3月29日

計画期間

認定日~令和7年3月31日
計画の概要

県外からの移住就業者及び創業者に対し移住に要する経費を助成することにより、東京圏に一極集中している人口を県内に流入させ、県内人口減少に歯止めをかけ、社会増加を促進する。地域課題をビジネスの手法で解決するソーシャルイノベーションによる創業を支援するため、起業に要する経費を助成するとともに、創業後のフォローアップを実施して経営が安定するまでの伴走支援を行う。

※長野県、長野市 外54市町村

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

長野県ホームページで公表
計画の名称

「カムバック to ながの」推進計画

計画の認定日

平成31年3月29日

計画期間

認定日~令和4年3月31日
計画の概要

全国的に東京一極集中の流れが続いており、当市においても進学、就職を契機とした東京圏への転出超過が課題として挙げられていることから、「カムバック to ながの」を合言葉に、地元からの声掛けを含めた東京圏の若者の目を長野に向けるきっかけづくりや、地元企業との結びつきを強める取組を強化するとともに、ライフステージ応じた長野で働き暮らすための支援を継続的に行うことで、将来的な当市への人の流れを確かなものにしていくことを目指す。

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

中間評価(令和2年9月実施予定)
計画の名称

松代荘の魅力向上による、活き生き誘客促進計画

計画の認定日

平成31年3月29日

計画期間

認定日~令和6年3月31日
計画の概要

良質な温泉資源を持つ国民宿舎松代荘を磨き上げ、市民及び観光客の保養と健康増進を図る。併せて、大河ドラマ「真田丸」で全国的に知名度が広まった「真田の里」松代の観光振興拠点とすることで、観光客の市内滞在時間延長による経済波及効果と交流人口の増加、経済の活性化を図ることを目的とする。

支援処置

地方創生拠点整備交付金

評 価

中間評価(令和2年9月実施予定)
計画の名称

人と動物を魅了する地域固有の自然景観を活かした茶臼山動物園展示施設再整備

計画の認定日

平成31年3月29日

計画期間

認定日~令和6年3月31日
計画の概要

善光寺平を一望する眺望や森に囲まれた環境を有する茶臼山動物園において、森や山並みなど園内から望む美しい風景を展示に取り込むことで、地域固有の自然景観を活用した独自の動物展示風景を創造し、魅力と集客力を高め来園者と交流人口の増加を図る。また、地域の集客拠点となる動物園を中心に、周辺観光施設と一体的な利用を促し、地域全体の観光入込客数を底上げする。さらに、果樹の一大産地に立地する特性を生かし、地元産農産物をアピールしながら直売所等の情報を提供し、動物園の集客力向上を地域産農産物の販売促進に結び付ける。

支援処置

地方創生拠点整備交付金

評 価

中間評価(令和2年9月実施予定)
計画の名称

スタートアップ成長支援事業

計画の認定日

令和2年3月30日

計画期間

認定日~令和5年3月31日
計画の概要

創業・起業は、産業の新陳代謝を促進し、新たな雇用機会を創出するなど地域経済に活力を与えるものである。創業・起業を目指し、また、それを支援する多様な人材が集う新たな拠点を設け、コミュニティとネットワークを形成することで、創業・起業の推進を図る。さらに、生まれ育ったスタートアップが次世代のスタートアップの育成やその支援に貢献することで、優秀なスタートアップが生まれ、新たなビジネスモデルが創造されるスタートアップの循環システム(スタートアップ・エコシステム)を構築する。

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

中間評価(令和3年9月実施予定)

 

(2)計画期間が終了したもの

 
計画の名称

戸隠地区再生計画

計画の認定日

平成17年6月17日

計画期間

平成17年度~21年度

計画の概要

旧戸隠村地区は、風光明媚な自然の残る地域であるが、高齢化、過疎化が課題となっている。市街地へのアクセス時間の短縮や集落間を結ぶ道路の整備など居住のための諸条件整備が求められているが、この地区道路は、急勾配、急カーブの箇所が多く、すれ違いが困難な箇所もある。そこで、地域再生基盤強化交付金を活用し、市道、林道を一体的に整備することにより、中心市街地や観光施設へのアクセスの改善と交流人口の増加を図るとともに、林業の生産コストの低下と効率化を進め、地域林業の活性化を図る。

支援処置

道整備交付金

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/64KB]

 
計画の名称

「自然とふれあう」清流再生計画

計画の認定日

平成17年6月17日

計画期間

平成17年度~21年度
計画の概要

美しい山々に囲まれ、千曲川、犀川が流れ込むなど豊かな自然環境を有する長野市では、水辺環境を守り農村地域との共存を図ることを目標に、自然・風土を生かした都市づくりを進めているが、近年、田園地帯にも都市化が進み、家庭からの雑排水が河川等に流入し、住環境が急速に悪化している。そこで、交付金を活用し、汚水処理施設整備を促進することにより、千曲川・犀川流域の水質・景観保全を図りながら、自然とふれあう都市環境の再生を目指す。

支援処置

汚水処理交付金

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/51KB]
 
計画の名称

子育て支援施策と生涯学習施策による中心市街地の再生

計画の認定日

平成18年11月16日

計画期間

平成18年度~19年度
計画の概要

核家族化や都市化の進行により、家庭や地域における子育て機能が低下している。市では、子育て支援を最重要課題と位置づけ、「長野市次世代育成支援行動計画」を策定し、総合的な施策を実施しているが、中山間地の過疎化や地域社会の人間関係の希薄化などから、支援策の多様化が求められている。このため、生涯学習手法を取り入れ、子育て支援を行うNPOや高等教育機関等と連携し、地域社会における総合的な子育て支援を実施することによって、安心して子育てできるまち「元気なまち長野」を目指す。

支援処置

現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代Gp)

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/73KB]
 
計画の名称

『自然豊かなフルーツと伝説の里』づくり計画

計画の認定日

平成19年3月30日

計画期間

平成19年度~23年度
計画の概要

長野市の豊野地域は「りんごとぶどうの里」として果樹栽培を盛んに行っており、鬼無里地域は「鬼女紅葉伝説」ゆかりの寺社、奥裾花自然公園等の観光資源に恵まれている。このため、地域の道路ネットワーク整備により、豊野地域及び鬼無里地域の観光拠点施設や農園・林地へのアクセスを改善し、農林業と観光を結びつけた地域振興を推進するとともに、農山村と都市との交流による地域の活性化を図る。また、公共施設や市街地へのアクセスを改善し、地域生活の利便性の向上を図る。

支援処置

道整備交付金

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/89KB]
 
計画の名称

伝統的食品加工技術の革新による“ながのブランド郷土食”創出に向けた人材育成計画

計画の認定日

平成19年7月4日

計画期間

平成19年度~23年度
計画の概要

長野市の製造品出荷額は、平成9年から平成16年にかけ半減する中、食品加工業は堅調に推移し、工業界を支える役割を担ってきたが、今後人口減少・急速な少子高齢化の進行等は、食品加工業を直撃すると想定される。一方、「安全・安心」「健康」の機能付加に食品加工業再生の可能性が見出されるが、新商品・独自商品開発強化が不可欠である。また、環境保全面から、製造残渣をバイオマス資源として利活用することが急務である。本計画は、これらの課題に対応し、長野市食品加工業の活性ひいては長野市の再生のため策定するものである。

支援処置

科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」プログラム

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/155KB]
 
計画の名称

歴史と自然が紡ぐ交流の郷(さと)Nagano再生計画

計画の認定日

平成23年3月25日

計画期間

平成23年度~28年度
計画の概要

豊野地区の広域農道及び市道を連携して整備することにより、観光拠点施設や丹霞郷等へのアクセスを改善し、農業と観光を結びつけた地域振興をす推進するとともに、農村と都市との交流による地域の活性化を図る。
また、公共施設や市街地へのアクセスを改善し、地域生活の利便性向上を図る。

支援処置

道整備交付金

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/65KB]
計画の名称

未来を創造する若者定着促進計画

計画の認定日

平成28年8月30日

計画期間

平成28年度~30年度
計画の概要

東京圏の若者と地元企業の結び付きを強める継続的なアプローチにより、Ujiターンの流れを着実なものとするとともに、地元においても新しいことに挑戦する柔軟な発想を持った若者が集うコミュニティーを形成し、若者の定着を図る。併せて、Ict人材の育成や起業等への支援により、交流と人材が仕事と人を呼び込み新たな仕事を生むことで、まちに活気と需要をもたらす「活力の好循環」を創出することを目指す。

支援処置

地方創生推進交付金

評 価

事後評価結果 [PDFファイル/198KB]
 
計画の名称

パラスポーツを軸とした地域活性化プロジェクト

計画の認定日

平成29年11月7日

計画期間

認定日~令和2年3月31日
計画の概要

冬季オリンピック・パラリンピック開催都市として、年齢や性別、障がいの有無に関わらず、相互に協力し合いながらパラスポーツを楽しめる環境づくりを目指して、パラスポーツを気軽に体験したり、ハイレベルの競技を観戦できたりするイベント「Naganoパラ・スポーツデー」を新たに開催することを通じて、「交流人口の増加」につなげる。

また、毎年実施している認知度の高い「Naganoスポーツフェスティバル」において、パラスポーツに関する体験会等を新たに実施する。

支援処置

まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った法人に対する特例

評 価

中間評価結果 [PDFファイル/58KB]
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第一庁舎5階
直通
Tel:026-224-5001
Fax:026-227-1302
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る