ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > いのしか対策課 > ツキノワグマによる人身被害防止の注意喚起

ツキノワグマによる人身被害防止の注意喚起

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年4月22日更新

ツキノワグマにご注意ください

1 クマの生態

・市内のほとんどの森林にクマは人目につかないように生息しています。山に入る場合は、いつ・どこで遭遇してもおかしくないということを忘れず行動してください。

2 遭遇を避けるために

・冬眠明けは、エサとなる山菜等を求めて山中を動き回ります。
・最も活発に動く時間帯は、夕方から朝方にかけての薄暗い時間帯ですが、昼間でも森林内に入る場合は、見通しの悪い藪の多い道などの通行は避けてください。止むを得ず通る場合は、複数で行動したり、鈴やラジオなどで音を鳴らし、クマにこちらの存在を気付かせる工夫をして、不慮の遭遇に気をつけてください。

3 環境整備

・人里のエサの味を覚えたクマは出没を繰り返します。
・弁当の食べ残しやジュースの空き缶などを山に放置しないようにお願いします。
・生ゴミ等の適切な処理のほか、漬物、はちみつ、飼料、燃料、塗料などクマを誘引する物の適切な管理をお願いします。
・通学路等の生活道路沿いの藪の刈り払いをして、クマが近寄りにくい環境づくりをしていただくようご協力お願いします。

4 遭遇してしまったとき

・クマ対策の基本は「クマにあわない」ことです。しかし、万が一遭遇してしまったときは、クマから目を離さず、ゆっくりとその場を離れてください。背を向けて走って逃げると、クマは追いかける習性があります。
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-8470
Fax:026-224-7818
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る