ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 住宅課 > 高齢者用バリアフリー住宅

高齢者用バリアフリー住宅

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

高齢者にやさしいバリアフリー住宅


階段や部屋の入り口などに段差が多く、お風呂やトイレに手すりがなく、廊下などのつくりも狭い日本の住宅。

若い頃には不便がなかったこうした住宅も、高齢になり身体能力が衰えてくると、段差につまづくなど、使い勝手が悪くなってきます。そのため、家の中での移動や、入浴などの動作にも、周囲の人の手助けが必要なことが多くなります。

住宅のバリアフリー化によって、そうした不便が解消され、高齢者が自分で動きやすくなり、介護者も介護しやすくなります。

浴室

浴室の例

・手すりを設置する
・介護しやすい充分な広さをとる

玄関

玄関の例

・手すりを設置する
・車イスが通れる広さをとる

トイレ

トイレの例

・手すりを設置する
・介護しやすい充分な広さをとる


<関連リンク>

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
維持担当
Tel:026-224-5127
Fax:026-224-5066
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る