ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 自然・環境・公園 > 環境教育 > 第25回長野市環境こどもサミットを開催しました

第25回長野市環境こどもサミットを開催しました

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年7月14日更新

第25回長野市環境こどもサミットを開催しました

 今年のテーマは「海のプラスチックごみを増やさないために、わたしたちにできることを考えよう!」。
 環境活動発表では、環境学習や環境活動に熱心に取り組む4校の小中学校が活動発表を行いました。どの学校も特色ある活動を発表してくれました。
 学習会では、DVD「ごみ箱になった海」を鑑賞をしたり、学生団体Gomitomoの「ごみ拾い」活動についてお話を聞き、プラスチックとの付き合い方について学習しました。
 当日の様子を紹介します。

開催日時

令和2年10月25日(日曜日)
午前10時から午後12時30分まで

開催した場所

長野市勤労者女性会館しなのき

当日の様子

環境学習発表会

城山小学校  「どこまで掘ったら水が出るかな」
真島小学校  「環境に配慮した校内の田んぼでの米づくりについて」
豊野東小学校 「地域の皆さんにお礼の気持ちを届けよう」
大岡中学校  「ぼくらの大岡中探検記」

  城山小の写真    真島小の写真

  豊野東小の写真    大岡中の写真   

      

学習会

DVD上映「ごみ箱になった海」/一般社団法人JEAN制作
「ワクワクでプラごみ問題を解決する!~ゴミ拾いは最高の遊びだ!~」/学生団体Gomitomo 北村優斗さん 

   学生団体Gomitomoの写真    学生団体Gomitomoの写真

 

環境標語(五七五)コンテスト

応募総数:3,189作品 (1人または1グループで1作品)
小学生の部:36校 2,608人 2,608作品
中学生の部:11校 581人 581作品

 

小学生の部
最優秀賞

便利より 未来考え 行動を   
昭和小学校5年 久保田 優里菜さん

優秀賞

生きものの 涙でいっぱい プラの海
浅川小学校5年 松橋 しずくさん

エコバック 明るい未来も つめこもう
通明小学校3年 中村 優仁さん

佳作

あふれちゃう ゴミもなみだも 地球から
篠ノ井西小学校6年 野中 愛菜実さん

マイバック いつもわすれず インバック
共和小学校4年 丸山 心絆さん

エコ活動 それは命を すくうもの
裾花小学校5年 大槻 莉子さん

長野ライオンズクラブ賞

お父さん 持っていこうよ マイバック
安茂里小学校4年 遠山 侑里さん

国際ソロプチミスト長野賞

いりません プラスチックの ストローも
芹田小学校3年 田中 凜空さん

えこねこ賞

ポイすては ママもわたしも やらないよ
中条小学校1年 中村 心彩さん

中学生の部
最優秀賞

海のプラ なくしていこう 長野から 
長野中学校2年 北村 彪真さん

優秀賞

マイパック みんなの未来を 運んでく
更北中学校1年 内山 拓海さん

捨てるんだ? 千年ただよう 海のプラ
若穂中学校2年 中村 真央さん

佳作

プラ利用 あなたの責任 最後まで
鬼無里中学校1年 米山 愛菜さん

エコ活動 一人の意識が 地球を守る
豊野中学校3年 佐藤 百華さん

川のゴミ 拾って守ろう 海の命
長野中学校1年 山岸 茉央さん

長野ライオンズクラブ賞

環境は 未来に届ける 贈り物
三陽中学校3年 廣田 馨吾さん

国際ソロプチミスト長野賞

マイバック 海を救う 第一歩
裾花中学校1年 眞島 圭史さん

えこねこ賞

青い空 ペットボトルで 白い海
信州大学教育学部附属長野中学校2年 黒田 凜さん   

   表彰式の写真   表彰式の写真   表彰式の写真

 

応募作品はこちらからご覧いただけます。

応募作品の一覧 [Excelファイル/417KB]

 

展示コーナー

 「海のプラスチックごみ問題」についてパネル展示をしました。

   パネル展示の写真

 また10月30日から11月8日まで市役所市民交流スペースにおいてパネル展示をしました。

   パネル展示の写真   パネル展示の写真   パネル展示の写真

 

環境宣言

 今、世界の海には年間500万~1,300万トンともいわれるプラスチックごみが流れ出ています。それらのプラスチックごみを魚や海鳥が食べてしまったり、体にからまったりして、海の生き物たちが苦しんでいます。
 私たちは、毎日多くのプラスチック製品を使い、プラスチックごみを出しています。プラスチック
は軽くて丈夫でどんな形にもなることから、多くの製品がプラスチックで作られ、その中には医療用品など私たちの生活に必要なものもあります。
 その一方で、たった一回使っただけでごみとなってしまうものも沢山あります。
 例えば、レジ袋、ペットボトル、スプーンやストロー、商品のパッケージ・・・・
 日本は、一人当たりの使い捨てプラスチックごみの廃棄量が世界で2番目に多い国です。
 私たちはここに宣言します。

 海のプラスチックごみを増やさないために、プラスチックごみを減らす次の3つの取り組みをします。

  • エコバックやマイボトルを利用して、レジ袋やペットボトルなど使い捨てプラスチックの利用を減らします。
  • くり返し使える製品を選び、大切に使います。
  • ごみはきちんと分別し、リサイクルします。   

                                           

えこねこのイラスト

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第二庁舎3階
環境企画担当
Tel:026-224-5034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る