ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

BaSSプロジェクトとの連携

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年11月27日更新

BaSSプロジェクトとは

 前橋工科大学の堤洋樹准教授を代表とする「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築」という名前の研究プロジェクトです。
 長野市は、平成29年1月12日(木曜日)に、BaSSプロジェクト代表の堤准教授と同研究に関する連携協定の締結を行いました。
 長野市は、将来にわたり持続可能な行財政運営を行うため「将来世代に負担を先送りすることなく、より良い資産を将来世代に引き継いでいく」を基本理念として公共施設マネジメントに取り組んでいます。このプロジェクトを通して本市における公共施設マネジメントが推進され、活力あるまちづくりができるよう努めてまいります。

締結式の写真(市長と堤代表)締結式の写真(市長と副市長と堤代表ほか3名)

BaSSプロジェクトのホームページへ(外部サイトへのリンク)

共同研究の状況

BaSSプロジェクトシンポジウム「住民参加による公共施設整備の未来」に参加しました

BaSSプロジェクト参加自治体として、成果報告及びパネルディスカッションのパネラーとして参加しました。
日時 令和元年11月10日(日曜日) 14:00~17:00
場所 東京都台東区役所10階会議室
シンポジウム写真

シンポジウムポスター [PDFファイル/3.31MB]
事例発表(長野市資料) [PDFファイル/1.19MB]

詳しくはBaSSプロジェクトのページへ(外部リンク)

市民シンポジウムを開催しました

BaSSプロジェクトとの共同事業として、「市民シンポジウム~公共施設マネジメントのススメ方~」を開催しました。
日時 平成30年1月20日(土曜日) 14:00~16:00
場所 長野市芸術館アクトスペース
詳しくは、市民シンポジウムのページをご覧ください。

BaSSプロジェクト主催の自治体交流会(東日本)が芋井で開催されました

自治体職員やBaSSプロジェクトメンバー及び堤研究室学生が参加しました。
日程 平成29年8月7日(月曜日)から8月7日(火曜日)
場所 芋井小学校第一分校
詳しくは、BaSSプロジェクトのページ(外部リンク)をご覧ください。

篠ノ井地区で市民ワークショップでを開催しました

BaSSプロジェクトとの共同事業として、「篠ノ井地区の公共施設について考える市民ワークショップ」を開催しました。
日程 平成29年8月6日(日曜日)から9月23日(土曜日)までの4回
詳しくは、篠ノ井地区市民ワークショップのページをご覧ください。

共同事業始動

平成29年4月26日(水曜日) 打ち合わせ及び公共施設の視察

協定の締結

平成29年1月12日(木曜日)
共同研究に関する連携協定の締結(平成29年1月のフォトページへ)


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第二庁舎4階
直通
Tel:026-224-7592
Fax:026-224-7964
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る