ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 高齢者活躍支援課 > 思い出シェアプロジェクトについて

思い出シェアプロジェクトについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年11月29日更新

思い出シェアプロジェクトとは

 認知症の予防改善を図るための取組として、市内のシニアの方々から昔の生活の様子が分かる写真を提供いただき、デジタルアーカイブを作成して、市内高齢者施設で「回想法」を実施します。

 まずは、市内のシニアの方々が古い写真を持ちよる「デジタル自分史作成講座」を開催します。その後、自分史講座で承諾いただいた写真データを活用した「回想法」を、市内高齢者施設にて実施し、その効果を検証します。個人の思い出とつながることから「思い出シェア」とプロジェクト名にしております。

 本プロジェクトは、清泉女学院大学と連携しています。なお、システム開発支援については、株式会社U‐NEXUS(長野市 代表取締役社長 上野 敏良)様、「回想法」のアドバイザーとして、「認知症の人と家族の生きがい支援研究会」代表の松田 弘美様の無償協力を頂いております。

 ※「回想法」は、認知症の予防・改善に効果があるとされる過去の懐かしい思い出を語り合う心理療法のひとつ。

1 「デジタル自分史作成講座」募集について

 本プロジェクトの第一ステップである「デジタル」自分史作成講座を実施します。市内在住のおおむね60歳以上で、参加料は無料です。思い出の写真を10枚くらいお持ちいただき、完成した個人史はDVDにしてご本人に差し上げます。詳細については、チラシをご参照ください。

 デジタル自分史作成講座のご案内 [PDFファイル/429KB]

2 「デジタル自分史作成講座」の様子

 令和元年7月5日、12日の全2回にわたり、デジタル自分史作成講座を開催しました。10名の受講生が思い出の写真を持ち寄り、清泉女学院大学の学生とグループを組んで作業を進めました。

 1日目は電子端末による写真のとりこみを実施しました。受講生は当時の様子を語り、学生と思い出のシェアをしました。2日目はスライドショーの作成と、受講生本人によるナレーションを録音しました。学生と協力しながら、オリジナリティのある自分史をDVDに収めました。

 デジタル自分史作成講座でお持ちいただいた写真は、ご本人の承諾のもと、高齢者施設での回想法に活用し、思い出のシェアを進めていきます。

デジタル自分史作成講座1日目(1) [その他のファイル/3.67MB]

デジタル自分史作成講座1日目(2) [その他のファイル/3.79MB]

デジタル自分史作成講座2日目 [その他のファイル/127KB]

3 高齢者施設での「回想法」の実施について

 令和元年11月29日、12月6日の全2回にわたり、特別養護老人ホーム松寿荘にて行います。

 11月22日は、清泉女学院大学の学生が講義にてロールプレイを行いました。デジタル自分史作成講座受講生からご提供いただいた写真の時代や場所を確認しながら、回想法の予行演習をしました。

清泉女学院大学講義の様子(1) [その他のファイル/298KB]

清泉女学院大学講義の様子(2) [その他のファイル/285KB]

清泉女学院大学講義の様子(3) [その他のファイル/295KB]

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
高齢者支援担当
Tel:026-224-5029
Fax:026-224-5126
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る