ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 大豆島公民館 > 令和2年度 大豆島公民館子育て支援講座「まめっ子ふれあい広場」の様子

令和2年度 大豆島公民館子育て支援講座「まめっ子ふれあい広場」の様子

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年3月31日更新

まめっ子ふれあい広場「体操ひろば」
令和3年3月17日(水曜日)午前10時から11時まで

体操を中心に、大型絵本や親子の触れ合い遊びを楽しみました。講師は、長野市の保育士派遣でお願いいたしました。
体操は、「アンパンマン体操」や「ペンギン体操」などで体を動かして、「幸せなら手をたたこう」や「バスに乗って」など親子でふれあいながら楽しむものもあり、「お弁当箱のうた」や「たまごをこんこん」などのおはなしも!
ママのお膝で聞く子どもや、先生の目の前でじっと見つめる子どももいたり。
講師が絵本を読んで、それを見ている親子の様子 触れ合い遊びを親子でしていて、高い高いをしている写真 親子体操をしている様子 
貴重な親子の触れ合いです。子どもたちの歓声もチラホラ。
大型絵本を見ている様子 大型絵本を見ている様子
体操や絵本、楽しかったね。お疲れさまでした。

最後に。 

今回で令和2年度の「まめっ子ふれあい広場」は終了となります。当初、新型コロナウイルス感染拡大防止の関係で中止となったり内容が変更となったり、また申し込み制となり後半の自由遊びを無くして時間短縮の内容となるなど、参加者の皆さんにはご迷惑をおかけいたしました。
せめてもの救いとしては、どの回もキラキラした子どもたちの眼がたくさん見られて、コロナ禍を一瞬、忘れさせてくれるような楽しい時間となりました。ありがとうございました。
来年度、「令和3年度のまめっ子ふれあい広場」も、感染予防に努めながら楽しく参加していただけますよう、注意をはらって開催したいと思いますので、また可愛い親子様のご参加をお待ちしております。

まめっ子ふれあい広場「おはなしが、いっぱい」
令和3年2月17日(水曜日)午前10時から11時まで

講師には、長野市保育士派遣によりお願いしました。チラシの予定とは変わっていますが、「おはなしがいっぱい」としまして、いろいろな楽しいおはなしをたくさん読み聞かせしていただきました。
その様子から。
親子で体操をしているところ 親子で触れ合い遊びの様子 親子でふれあい遊びを楽しむ様子
楽しい手品あり、スケッチブックを使ったクイズのおはなしも。ペープサートや絵本の読み聞かせもしていただきました。
みかんを浮かせる手品をしている講師の様子 はらぺこあおむしのペープサートをしている様子 スケッチブックシアターを始めるところ
おはなしにたくさん触れて、子ども達も元気いっぱい。
今年度、あと1回となりましたが、コロナ禍でも方法を工夫して、親子さんが楽しめるようにしたいと思います。
来月は、「体操ひろば」として、体操を中心に楽しい遊びをお願いしてありますので、お楽しみに!

まめっ子ふれあい広場「節分に向けて!鬼のお面作り」
令和3年1月20日(水曜日)午前10時から11時まで

もうすぐ節分。今年は2月3日ではなく、2月2日って知ってましたか?124年ぶりだそうですね。立春が変わっているからだそうですが。
ということで、今月のまめっ子ふれあい広場は、節分に向けて鬼のお面づくりをしました。講師は、公民館職員が務めます。
まずは、手遊びから。そして、豆まきの歌を歌ったり、大型絵本「鬼のパンツ」を読み聞かせしたり音楽に合わせて踊ったりもしました。鬼のパンツの歌を知っているお友達がいて、楽しく歌っていましたよ。
親子で手遊びをしているところ 大型絵本で節分の話をしている講師の様子 鬼のパンツの大型絵本を読んでいる様子
「鬼」の言葉を使って、言葉ゲームをしました。おに、鬼!おに、お肉!おに、おにぎり!など。
鬼のパネルで言葉ゲームをしているところ お肉のパネルで言葉ゲームをしている様子 おにぎりの言葉ゲームをしている様子さて、
お待ちかねのお面づくり。あか鬼とみどり鬼の好きな方を子どもが選んで、おはながみを髪の毛の所に貼っていきます。破ったり丸めたり、思い思いに好きなように貼りました。目も鼻も角も付けて、怖くない鬼の顔の完成。
これを順番にお面にしてもらいました。ちゃんと順番を守って、待っていられて、はなまる、です。
鬼の顔をお面にしてもらうよう並んでいる子ども達の様子 鬼のお面に仕上げてもらっている様子 見本の鬼のお面の写真
お面を付けて帰る様子もあり、可愛いと写真を撮ってみたり。同じパーツを使いましたが、貼る場所や目の付け方によって表情が変わり個性が出てみんな、可愛い鬼さんに変身しました。
お家に帰って、鬼のお面をかぶり、いろいろな病気も吹き飛ばすように、ぜひ節分を楽しんでください。お疲れさまでした。

まめっ子ふれあい広場「クリスマス スタンプラリー」
令和2年12月16日(水曜日)午前10時から11時まで

クリスマスシーズンの到来です。まめっ子ふれあい広場でもクリスマスのイベントとしてスタンプラリーを企画しました。3密を避けて開催するために、5つのグループに分かれ5つの課題をクリアーしてスタンプやシールを貼っていきます。消毒をしながらですが、なるべく楽しく行えるように考えました。
講師は、長野市保育士派遣でお二人の先生、そして公民館職員2名です。
5つの課題について。

  1. 折り紙でサンタクロスを折る
  2. アンパンマン体操を親子で楽しむ
  3. 紙芝居や大型絵本を読み聞かせ
  4. クリスマスカードを仕上げる
  5. サンタクロース(公民館館長)とジャンケンして勝ったらコマをもらう
    です。

時間的にちょっと忙しい所もありましたが、皆さん大人も子ども達も大喜びで参加されていました。
まずは、折り紙の部屋とお話の部屋、そしてクリスマスカードを仕上げている様子です。
折り紙の部屋でサンタクロースを折っている親子と講師の様子 読み聞かせを聞いている様子 クリスマスカードを仕上げている様子
次に、体操の部屋とジャンケンの部屋の様子。サンタクロースに扮装して館長が頑張りましたが、ちょっとびっくりで泣かれたお子さんも。びっくりさせてごめんね。まあ、それも思い出になりますでしょうか?
体操の部屋でアンパンマン体操をしている様子 サンタクロースとジャンケンをしている様子 
最後に風車をお土産に渡して終了です。子ども達だけでなく、お母さん方も楽しく過ごせた1時間でした。
最後に風車をもらっているところ 館長がサンタクロースの恰好をしている写真 ホール入り口にあるクリスマスツリーの写真
コロナ禍ですが、せめて楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。
 

まめっ子ふれあい広場「クリスマスツリーの飾りを作ろう」
令和2年11月18日(水曜日)午前10時から11時まで

そろそろ年末に向けての行事やお話も、いろいろと飛び交う季節となりました。今月は、館内にクリスマスツリーを早めに出して飾りましたので、飾りを作ってお家でも飾ってもらおうと可愛い飾りを作ります。講師は、大豆島公民館職員2名で行いました。
まずは、アンパンマンの手遊びと、エプロンシアター「おおきなかぶ」を観ました。
手遊びを楽しむ親子の様子 おおきなかぶのエプロンシアターをする講師の様子 エプロンシアターを観ている親子の様子 
次にクリスマスツリーの飾りを作りましょう。
基本は、折り紙を使って輪つなぎを作り、顔やパーツを貼って仕上げるのが多く、簡単です。折り紙も折りました。お母さん方がほとんど作るようになりますが、小さなお子さんも目玉シールを貼ったり糊をつけるのを手伝ったり。楽しそうな様子がみられました。
見本のツリーの飾りの写真 ツリーの飾りを作る様子 ツリーの飾りを作る様子
同じ目やパーツを貼っていても、貼り方や貼る場所によって、微妙に表情の違いが出て、それぞれです。
飾りの制作をする親子の様子 飾りを作る様子 嬉しそうに作った飾りを見せている子どもとお母さん
人気の回でしたので、定員オーバーでお断りの方も出てしまいました。申し訳ありませんでした。
コロナが早く収束して、どなたでもいらしていただけるようになれば良いなあ、と祈るばかりです。
最後に、館内に飾ったクリスマスツリーの写真です。気分だけでもクリスマスを楽しみましょう。
館内に飾ったクリスマスツリーの写真
お疲れさまでした。
来月は、クリスマスのイベントとして「クリスマススタンプラリー」を開催いたします。お楽しみに。

まめっ子ふれあい広場「英語deハロウィン」
令和2年10月21日(水曜日)午前10時から11時まで

今月は、英語に親しんで楽しく遊ぶということで、講師に篠原舞さんをお呼びして、英語に触れて楽しむ1時間。ハロウィンも近いということで、ちなんだ内容が多く子どもたちもワクワク。
講師が南瓜の飾りを持って英語でハロウィンの説明をしているところ 講師の話を聞いている様子 英語の手遊びをしている様子
英語の音楽に合わせたり、紙芝居風の読み物や絵本など、子どもの目を引く教材を使って、親しみやすくなっています。
紙芝居風の教材で、ハロウィンの歌をしている様子 英語の絵本を読む講師の様子  英語の歌に合わせて踊る様子
英語に触れていろいろな遊びを楽しみました。
皆さんも、コロナ禍ではありますが、素敵なハロウィンをお過ごしください。お疲れさまでした。 
講師の机に飾ったハロウィンの飾りのいろいろ 
Happy Halloween!

まめっ子ふれあい広場「わらべ歌で遊ぼう」
令和2年9月16日(水曜日)午前10時から11時まで

令和2年度の「まめっ子広場」「まめっ子サロン」ともに、新型コロナウイルス感染防止のため、4月から中止せざるを得なくなりました。毎月楽しみに来館されていました皆さんには、大変申し訳なく残念な事態となってしまいましたが、9月から感染防止に努めながら再開させていただきました。
限定20組の申し込みとさせていただき、当分の間は後半の自由遊びを無くしての再開となりました。
今月は、わらべ歌に親しむ回として、講師には原山克江さんをお呼びしました。最初は、子どもたちの大好きなアンパンマンを題材にして、わらべ歌を披露しました。また、手遊びなども取り入れたりも。
うちわを使ってわらべ歌を教える講師の様子 わらべ歌を聞く参加者の様子 講師の歌に合わせて手遊びなどする親子の様子 
大型絵本でもわらべ歌を歌ったり、親子で触れ合える歌遊びも一緒に楽しみました。
大型絵本を使ってわらべ歌を歌う様子 親子の触れ合い遊びを人形を使って指導するこうしのようs  触れ合い遊びを楽しむ親子の様子
地元の更生保護女性会の皆さんがお手伝いして、いろいろな面白い音を出して先生をサポートしたり。親子で動いて聞いて歌って、楽しみました。 
更生保護女性会の役員の皆さんが講師の手伝って小道具を出す様子 親子でふれあい遊びをする様子 親子で歌に合わせて触れ合い遊びをする様子 
意外と知らない、そして歌わなくなってしまったわらべ歌をじっくり聞き、その大事さや楽しさを知ることができた1時間でした。お疲れ様でした。コロナに負けずに楽しくいきましょう。

「まめっ子サロン」の様子 9月2日(水曜日)午前10時から11時30分まで

前年度まで大豆島児童センターをお借りして開催していました。新型コロナウィルス感染防止のため中止となっていたのですが、会場を公民館の多目的ホールに変更し、申し込み制として9月より月1回で再開となりました。
毎回ではありませんが、時々、その様子も一緒にお届けいたします。
まずは再開の第1回目の様子です。
滑り台や風船など、歓声も時々聞かれました。
室内用の滑り台で遊ぶ子どもの様子 風船で遊ぶ子どもの様子 あ
自由遊びが主となりますが、絵本の読み聞かせや手遊びなどもしながら、親子で楽しく過ごしました。
毎月第1水曜日に開催ですので、またご参加ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒381-0022 長野市大字大豆島1054番地1
大豆島公民館
Tel:026-222-2888
Fax:026-222-2888
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る