ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 家庭・地域学びの課 > 長野市交流センターについて(検討経過等)

長野市交流センターについて(検討経過等)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年11月1日更新

平成31年4月1日から、市立公民館の一部(柳原公民館・長沼公民館・小田切公民館・篠ノ井公民館)が『交流センター』に変わります。

 市立公民館は、生涯学習や地域活動の拠点として活用されていますが、より使いやすい施設を求める要望や意見をいただき、これまで利用制限などの見直しを検討してきました。

老若男女が集合しているイラスト

検討経過

(1)目指す施設として次の3点を主に検討

  • 住民にとってより有効に使える施設
  • 地域づくりに役立つ施設
  • 本市の生涯学習が推進できる施設

(2)各地区の住民自治協議会と意見交換を実施

 平成29年7月から平成30年2月にかけて全32地区の住民自治協議会から、公民館のあり方について、直接意見をお聞きしました。
 住民自治協議会との意見交換会では、構想について概ね賛成の意向でしたが、細部について「使用申し込みが増えて従来の利用者が弾かれないか」、「職員や人件費の増、施設管理及びその費用負担が必要ではないか」などの意見も出されました。

(3)長野市社会教育委員会議(諮問⇒答申)

  【長野市社会教育委員会議(答申)】(平成29年12月20日) [PDFファイル/106KB]
  長野市社会教育委員会議のページにリンクします(別のページが開きます)

(4)方針

  【部長会議資料】(平成30年2月9日) [PDFファイル/1.15MB]

(5)検討結果

 検討の結果、地域づくりに関する活動、社会福祉に関する活動、生涯にわたる学習活動その他地域における多様な活動の場を提供するとともに、住民の教養及び地域文化の向上に資する事業を行うことにより、住民の交流及び主体的な活動を促進し、もって地域の活性化及び住民の福祉の増進に資することを目的とした『交流センター』に、平成31年4月から市立公民館の4館を移行し、モデル的に利用状況を把握していきます。

 これまで市立公民館で行ってきた講座は引き続き行い、自主サークル活動にも引き続き利用できます。

施設の名称

 当初(仮称)コミュニティセンターで検討していましたが、生涯学習事業を行う「学びの場」、住民の生涯学習活動、コミュニティ活動等の利用が行える「交流の場」、住民が集い交流し協働による様々な活動のまちづくりを推進するための「活動の場」など、多くの人の「交流」や「活動」の場として利用を図り、その中でも地域住民相互の交流、世代間交流は、今後の地域社会において、ますます重要なものと考えることから、名称は、地域の拠点施設として「交流」をキーワードにした「交流センター」としました。

交流センターの機能

 長野市交流センターとは、次の3つの機能が一体となって運営される施設です。

  1. 住民にとってより有効な施設…住民による様々な利用が行える拠点施設の機能
  2. 地域づくりに役立つ施設…住みよいまちづくりにつながる人づくりや住民が集い交流し協働による様々な活動のまちづくりを推進するための、地域づくりの拠点としての機能
  3. 引き続き生涯学習を推進する施設…地域住民が生涯にわたって学び続けることのできる環境を醸成し、社会教育・生涯学習活動を支援し、推進できる機能

平成31年4月1日から移行する施設(施設の名称が変わります)

◆市立公民館から交流センターへ移行する施設

 
公民館の名称
(移行前の名称)
交流センターの名称
(移行後の名称)
位置
長野市立柳原公民館長野市柳原交流センター

柳原交流センター外観の写真
長野市大字小島804番地5

長野市立長沼公民館長野市長沼交流センター長沼交流センター外観の写真
長野市大字穂保941番地
長野市立小田切公民館長野市小田切交流センター小田切交流センター外観の写真
長野市大字山田中2545番地
長野市立篠ノ井公民館長野市篠ノ井交流センター

篠ノ井交流センター外観の写真

長野市篠ノ井御幣川281番地1

公民館と交流センターの違い

(1)1時間単位で利用できます

 公民館は主に半日単位での貸館の申し込みを受け付けてきましたが、交流センターでは、1時間単位で申し込みを受け付けます。より多くの人や団体の利用ができます。

(2)利用料金の区分が変わります

  ◆次の利用は無料で利用できます。

  • 地域づくりに関する活動
  • 社会福祉に関する活動
  • 生涯にわたる学習活動

 (入場料等を徴収し、若しくは営利を目的として行う場合または市民以外の者が行う場合を除く。)

 その他の利用や入場料を徴収する場合などは有料となります。

(3)「成人学校」は「教養講座」として開講します

 交流センターでは、市立公民館で開講している成人学校を同様に「教養講座」として開講します。

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
生涯学習・青少年担当
Tel:026-224-5082
Fax:026-224-5104
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る