ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 農業政策課 > 海外から注文していない植物が郵送された場合の対応について

海外から注文していない植物が郵送された場合の対応について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年8月7日更新

 最近、注文をしていない植物が海外から郵送されてくる事例が確認されております。

 海外から郵送された植物については、植物の病害虫が我が国に侵入することを防止するため、植物防疫法(昭和25年法律第151号)に基づき、郵便局や空海港の植物防疫所において、病害虫の付着の有無等の輸入検査を行っており、合格となったものは外装に植物検査合格証印が押され、不合格となったものについては廃棄または、返送の処分を行っています。

 植物防疫所による輸入検査を受けていない種子等が栽培された場合は、新たな病害虫が侵入するおそれがあり、我が国の農業に大きな被害を生じることが懸念されるため、植物検査合格証印がついていない種子を受け取った場合は、植物防疫法に基づき、植物防疫所に届け出て、検査を受けることが義務付けられています。

 つきましては、植物防疫所のホームページで掲載している情報(※)を活用し、輸入検査で合格したことを示す植物検査合格証印がついていない種子等を受け取った場合は、最寄の植物防疫所に届け出願います。

※植物防疫所ホームページで掲載している情報

https://www.maff.go.jp/pps/j/information/200730.html

問合わせ先

名古屋植物防疫所種苗担当 TEL052-651-0132

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
生産振興担当
Tel:026-224-7274
Fax:026-224-5113
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る