ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

長野市のごみ処理の現状

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年4月24日更新

長野市のごみ処理の現状

ごみの処理方法

長野市のごみ(一般廃棄物)処理は、家庭から出るごみと事業所から出るごみに大別されます。

家庭から出るごみは、ごみ集積所に8分別(可燃ごみ、不燃ごみ、プラスチック製容器包装、紙類、ビン類(乾電池含む)、缶類、ペットボトル及び剪定枝葉等)して出すこととしており、可燃ごみ、不燃ごみ及びプラスチック製容器包装は、指定袋により収集をしています。(詳しくは、家庭ごみの出し方をご覧ください。)

事業所から出るごみは、排出事業者の責任により、平成8年6月から事業者自らが事業系一般廃棄物に5分別(可燃ごみ、紙類、ビン類、缶類及びペットボトル)して処理施設へ搬入、または市が許可した一般廃棄物収集運搬業許可業者に処理を委託、若しくは市が許可した一般廃棄物処分業許可業者等に自己搬入のいずれかで処理します。(詳しくは、事業所から出るごみの処理方法をご覧ください。)

ごみの処理状況

環境省で実施した「一般廃棄物処理事業実態調査(平成29(2017)年度)」の取りまとめ結果から長野市と長野県、全国の状況を比較すると次表のようになります。

※一般廃棄物処理事業実態調査とは、環境省が都道府県を通じ、全国の市町村等における家庭などから排出される一般廃棄物の量や処理状況に関する調査です。

長野市のごみの排出状況
項目

平成29年度
(2017年度)

平成28年度
(2016年度)
対前年度比

長野県
(平成29年度)

全国
(平成29年度)
ごみの総排出量128,314トン127,683トン0.5%増63.0万トン4,289万トン
市民一人一日当たりのごみ排出量924グラム915グラム1.0%増817グラム920グラム

※市民一人一日当たりのごみ排出量の算出には、各年の10月1日現在の住民基本台帳人口を使用

 

長野市のリサイクル状況
項目平成29年度
(2017年度)
平成28年度
(2016年度)
対前年度比長野県
(平成29年度)
全国
(平成29年度)
総資源化量
(リサイクル量)
32,422トン32,295トン6.0%減13.3万トン868万トン
リサイクル率25.3%25.3%±021.2%20.2%

※分別された資源物の処理の流れは、ごみ・資源物のゆくえをご覧ください。

※リサイクル率=総資源化量/ごみ総排出量

※総資源化量には、焼却灰等の再資源化量を含む

 

長野県では、4年連続ごみ減量日本一達成しました

長野県では、しあわせ信州創造プランに掲げる『1人1日当り一般廃棄物の排出量を800g以下にする』目標に向け、「“チャレンジ800”ごみ減量推進事業」に取り組んでいます。

平成29年度(2017年度)の長野県民一人一日当たりのごみ排出量は、平成28(2016)年度の822gから5g減って、817グラムとなり、ごみの少なさランキング全国1位となりました!4連覇達成!

 

ごみ処理経費

環境省一般廃棄物会計基準により長野市のごみ処理経費を算出すると次表のようになります。

長野市のごみ処理経費
項目平成29年度
(2017年度)
平成28年度
(2016年度)
対前年度比
経費総額32億33百万円31億94百万円1.2%増
収集運搬費10億67百万円10億62百万円0.5%増
中間処理費10億85百万円11億65百万円6.9%減
最終処分費2億94百万円2億97百万円1.0%減
資源化費6億21百万円5億16百万円20.3%増
管理費1億66百万円1億54百万円7.8%減
1kg当たりの処理費用27.62円27.56円0.2%増

※収集運搬費、中間処理費、最終処分費、資源化費及び管理費は、経費総額の内数

 

長野市ごみ処理概要

上記のごみ量や経費等がどのように変遷したかをまとめたものです。

詳しくは長野市のごみ処理概要をご覧ください。

 

長野市一般廃棄物処理基本計画

長野市では、長野市一般廃棄物処理基本計画(H23(2011)~H28(2016))が平成28年度で終了したことに伴い、新たな「長野市一般廃棄物処理基本計画(H29(2017)~H33(2021))」を施行しました。(計画期間は5年間です)

この計画では数値目標を、ごみの総排出量、事業系可燃ごみ排出量、家庭ごみの一人一日当たりの可燃・不燃ごみの排出量を平成27(2015)年度を基準として、次表のように設定しています。

一層のごみ減量を推進するためには、市民一人ひとりの取り組みが重要となります。
ご家庭では、「ご飯をおいしく食べきる」「生ごみは出す前にしっかり水を切る」などを実践して、数値目標を達成し、環境負荷の低減を目指しましょう。

皆さまのご協力をよろしくお願いします。

長野市一般廃棄物処理基本計画の数値目標
項目平成27年度(2015年度)実績
(基準年度)
数値目標
(目標年次 平成33年度(2021年度))
備考
ごみの総排出量132,424トン124,724トン7,700トン減
(5.8%減)
事業系可燃ごみ排出量39,881トン39,757トン124トン減
(0.3%減)
家庭ごみの一人一日当たりの可燃・不燃ごみの排出量428g/人・日411g/人・日17g/人・日減
(4.0%減)

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
市役所第二庁舎3階
ごみ減量企画担当
Tel:026-224-5035
Fax:026-224-8909
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る