ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

家庭ごみの出し方

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月4日更新

家庭ごみの出し方

ごみの出し方

1 可燃ごみ、不燃ごみ

 専用の家庭用指定袋をそれぞれ購入し、この指定袋に入れて出す。 (購入方法について

 ○可燃ごみ家庭用指定袋

可燃ごみ指定袋(大30リットル)

 

   ○不燃ごみ家庭用指定袋

不燃ごみ指定袋(大30リットル)















※旧指定袋に入れて出す場合は、「手数料納付済 シール」を袋の大きさに応じて購入し、旧指定袋に貼って出す。下図参照

旧指定袋の出し方

 ⇒さらに詳しく

2 粗大ごみ (1m×50cm×50cm以内)

 指定袋に入らない大きな可燃ごみ・不燃ごみ(1m×50cm×50cm以内)は、粗大ごみシール(下図参照)を購入し、そのごみに貼って出す。 (購入方法について)                                                                                                                                                                                  新しい粗大ごみシール  

 ⇒さらに詳しく

大きさが1m×50cm×50cmを超える可燃ごみ・不燃ごみは、ごみ集積所には出せません。

  1. 市の清掃センターに持ち込んでいただく 
  2. 市の清掃センターに回収を依頼する 
  3. 市の許可を受けた民間収集運搬事業者に、ごみの収集運搬を依頼する

 以上の3つの方法のいずれかにより適正に処分してください。なお、特定の家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)や処理困難物等、清掃センターでも受け入れられないものがあります。                                                                                                     

3 プラスチック製容器包装

 専用の家庭用指定袋を購入し、この指定袋に入れて出す。指定袋に入らない大きなもの(1m×50cm×50cm以内)は、そのまま出す。(粗大ごみシールは不要)

プラスチック製容器包装指定袋(大30リットル)

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒さらに詳しく

4 ペットボトル

 ふた・ラベルをはずし、集積所の緑色ネット袋へ出す。

 ⇒さらに詳しく

5 剪定枝・葉・草

 中身のわかる透明か半透明の袋に入れて出す。(※平成29年4月から旧指定袋を使用できます。)
袋に入らない枝類は1m×50cm×50cm以内に束ねて出す。(粗大ごみシールは不要)

 ⇒さらに詳しく

6 紙

 4種類(新聞・ダンボール・紙パック・雑誌その他)に分けて、ひもで十文字にしばって出す。

 ⇒さらに詳しく 

7 缶

 集積所の青色ネット袋へ出す。

  ⇒さらに詳しく

8 ビン

 3種類(透明 白・茶色・その他)に分けて、集積所の色別コンテナへ出す。 

 ⇒さらに詳しく

9 電池

 ビンの日に集積所の赤色コンテナへ出す。(※ボタン電池、充電式電池は販売店の回収箱へ)

 ⇒さらに詳しく

10 灰

 ビンの日に濡れてもやぶれない丈夫な袋に入れて、「灰」と明記して出す。

 ⇒さらに詳しく

(注意!!)
 ごみ指定袋(可燃・不燃・プラ)や、枝葉を入れた袋、紙類や枝葉をしばったひもは、返却できません。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
市役所第二庁舎3階
啓発指導担当
Tel:026-224-7635
Fax:026-224-8909
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る