ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

頭を打ったら

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

頭を打ったら

歩き始めるころの子どもはよく転び、頭を打つことがありますが、多くの場合は特に問題になりません。心配なのは、強く頭を打った場合で、頭の中で出血し手術が必要になることもあります。

急いで受診の目安

□ 意識がない 目つきがおかしいぐったりしていて元気がない

□ けいれんしている

□ 耳や鼻から血液や透明の液体がもれ出ている

□ 何回も続けて吐いてしまう

□ 頭痛を強く訴える 

□ 打った部分がへこんでいる 出血している

解説

  • 耳や鼻から血液や透明の液体がもれ出している場合は、頭蓋骨が骨折し、頭の中に出血があったり、脳脊髄液がもれ出ている可能性があります。すぐに救急車を呼んでください。
  • 頭を打った後、大きな声で泣き、その後は普段と同じように元気が良くなったら、まず大丈夫と考えてよいです。 ただし、頭を打った直後は元気でも、後から症状が現れることもまれにあります。1、2 日の間は意識がおかしくないか、機嫌・顔色は悪くないか、急に吐いたりしていないかなどに注意してください。
  • 血圧が上がり頭痛がおこるなど状態が悪化する可能性がありますので、頭を打った日はなるべく安静にし入浴はやめておきましょう。
  • はれていれば冷やしましょう。
  • 出血はタオルで圧迫しましょう。

 

※この内容は、あくまでも目安であり、一般的な内容です。全体版(PDF)では図やカットが掲載されています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
医療連携担当
Tel:026-224-8499
Fax:026-224-8483
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る