ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

蚊による感染症から身を守るために

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年6月3日更新

蚊に注意しましょう

平成26年8月、約70年ぶりにデング熱の国内での感染が発生しました。デング熱は、国内ではヒトスジシマカが媒介します。
ヒトスジシマカは、デング熱の他に、ジカ熱、チクングニア熱、ウエストナイル熱などを媒介します。
蚊による感染症からご自身の身を守るために、蚊の発生を少なくすることや、蚊に刺されないようにすることが必要です。
各ご家庭で、次のことに気をつけましょう。

デング熱について(厚生労働省)

ジカウイルス感染症について(厚生労働省)

ヒトスジシマカの写真(国立感染症研究所)

1 蚊の発生をおさえるには?

●蚊は、屋外に放置された空き缶、空き瓶、古タイヤ、植木鉢の受皿、ビニールシートの溝などにたまったわずかな水たまりでも卵を産み、およそ2週間かけてボウフラから成虫になります。
週に1度は家の周りをチェックして、水たまりの水を取り除きましょう。
また、雨水マスや、用水路に流れ残った水などからも発生しやすいので、週に1度はたまった水を流し去りましょう。

ヒトスジシマカ幼虫の生息場所(国立感染症研究所)

●蚊の成虫は、草むらや低木の葉の裏、じめじめした場所、用水路のあんきょなどにひそんでいます。定期的に草刈り、枝のせん定をして蚊のひそみやすい場所を減らしましょう。
また、ヒトスジシマカの行動範囲は50~100mと狭いため、シマ模様の蚊を見つけたら、近くに発生源があると思われますので、周囲を確認しましょう。

●殺虫剤による駆除は、その場限りの対策です。蚊の発生をおさえるものではありません。使用方法、注意事項を守り、必要最小限の範囲に散布してください。

2 蚊に刺されないようにするには?

●家の中での対策
網戸などで蚊の進入を防ぎましょう。
進入した場合は、捕まえて駆除するか、蚊取り線香、蚊取りマット、液体蚊取り、殺虫スプレーなどを利用しましょう。

●家の外での対策
明るい色調の長袖、長ズボンなどを着用し、皮膚の露出を少なくしましょう。また、草むらに入るときなどは、素足にサンダル履きは避けましょう。
虫除け(液体、スプレータイプ、ウェットシートなど)も効果的です。使用するときは、用法、用量、注意事項を守りましょう。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
薬務・生活衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る