ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

隣保館の耐震診断の状況

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年2月28日更新

隣保館の耐震診断の状況

 これまで長野市が実施してきた、隣保館の耐震診断の結果について公表いたします。
施設名称所在地階数構造種別建設年診断状況判定Is値
中央隣保館若里1丁目19-53鉄筋コンクリート造昭和55年実施済耐震性有0.807
大豆島隣保館 大豆島西沖3-20 2鉄筋コンクリート造昭和50年実施済耐震性有0.933
若穂隣保館若穂保科28532鉄筋コンクリート造昭和49年実施済耐震性有1.302
豊野隣保館豊野町浅野11032鉄筋コンクリート造平成3年新耐震基準耐震性有

Is値(構造耐震指標)
 その建物が地震に対してどのくらい耐えられるかを表す指標。
 建物の構造部材の強度と粘りをもとに、形状や経年劣化を考慮して、階別、方向別に算出し、その最小値をいいます。

Is値の目安
 0.3未満      大規模な地震の振動に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い
 0.3以上0.6未満  大規模な地震の振動に対して倒壊し、または崩壊する危険性がある
 0.6以上      大規模な地震の振動に対して倒壊し、または崩壊する危険性が低い
 ※大規模な地震・・・震度6強から震度7程度の地震を想定しています
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
人権・男女共同参画課
Tel:026-224-5032
Fax:026-224-7547
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る