ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 消防・防災 > 地震 > 長野市の過去の主な地震災害

長野市の過去の主な地震災害

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

ご存知ですか?

地震の名称
発生年月日(西暦)
発生時刻

震源
マグニチュード
震度

被害概要および被害状況

善光寺地震
弘化4年3月24日
(1847年5月8日)
22時頃

長野市直下
M=7.4
震度7(長野)

 地震による振動及び崩壊、火災等により大災害となる。犀川右岸の岩倉山 (虚空蔵山)が崩壊して犀川を堰止め、数十村が水没、4月13日に決壊し、 大洪水となる。 死者約8,600、潰れた家屋29,633、焼失家屋3,300

長沼地震
昭和16年7月15日
(1941年7月15日)
23時45分

長野市赤沼付近
M=6.2
震度6(長沼)

 長沼、古里、若槻、浅川、豊野一帯で住家倒壊等の被害があり、 特に長沼での被害が大きかった。また、千曲川沿いの地区では、泥が吹き出し 井戸が埋まったところがあり、また、割れ目から噴射水等が見られた。 死者5、 負傷者18、全壊家屋29、半壊家屋115、非住家全壊48、非住家半壊 122

松代群発地震
昭和40年8月3日~
(1965年8月3日~)

長野市松代
M=5.4(最大)
M=6.4に相当
震度5が9回
   4が50回

 地震は、松代皆神山付近に始まり順次、須坂、東村、篠ノ井、川中島、 更埴、上山田に広がった。この地震は、振動の反復と累積により被害が 増大したことと、長期にわたったことから、住民に与えた不安・間接的な 損害は計り知れない。 皆神山は、1m隆起した。 負傷者15、全壊家屋10、半壊家屋4、一部損壊家屋8,620、 地すべり64箇所

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5006
Fax:026-224-5109
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る