ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 生活の出来事 > 高齢者・介護・障害福祉 > 有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 高齢者 > 有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅について

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年11月21日更新

有料老人ホームとは

1人以上の高齢者を入居させて、次のいずれかのサービスを提供する施設です。
 1 食事の提供
 2 入浴、排せつまたは食事の介護
 3 洗濯、掃除等の家事
 4 健康管理
主に民間法人が経営主体で、入居契約は入居者と施設で直接交わします。

有料老人ホームの類型(タイプ)

1 介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

 介護保険の介護サービス等がついた高齢者向けの居住施設です。
 介護が必要になっても、ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら居住を継続することが可能です。介護サービスはホームの職員が提供します。
 特定施設入居者生活介護の指定を受けていない有料老人ホームについては、「介護付」と表示することはできません。

2 介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

 介護保険の介護サービス等がついた高齢者向けの居住施設です。
 介護が必要になっても、ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら居住を継続することが可能です。ホームの職員が安否確認や計画作成等を実施し、介護サービスは委託先の介護サービス事業者が提供します。

3 住宅型有料老人ホーム

 生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。(自ら介護保険の介護サービスを提供しない有料老人ホームです)
 介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、地域の訪問介護事業所等の介護サービスを利用しながらホームでの生活を継続することが可能です。
 特定施設入居者生活介護の指定を受けていないホームにあっては、広告、パンフレット等において「介護付き」「ケア付き」等の表示することはできません。

4 健康型有料老人ホーム

 介護が必要となった場合は、契約を解除し退去しなければなりません。(現在、市内にはこのタイプの施設はありません)

事業者の皆さんへ

施設設置の届出について

 長野市内で有料老人ホームの事業を行う際には、長野市に届出が必要です。以下の指導指針の内容をご確認いただき、届出をお願いします。

※平成27年7月1日付けで指針を一部改正しました。

主な変更点

  • 届出の促進に向けた規定の適正化(既存建築物等の取扱い)
  • 外部サービスを利用者が自ら選択できる環境の構築
  • サービス付き高齢者向け住宅の取扱いの見直し(有料老人ホームに該当するサービス付き高齢者向け住宅は、本指針の適用を受けることとなるほか、立入検査の対象となります)

施設での事故の報告について

有料老人ホームで事故が発生した場合は、長野市への報告が必要となります。下記の事故報告書の様式に記入し、高齢者福祉課へ提出をお願いします。なお、介護付有料老人ホームにおいては、「介護保険事故報告書」のコピーを高齢者福祉課へ提出することで代えることができます。
  • 入居者の死亡事故(死亡後に相当期間の放置がなされた場合を含む)
  • 入居者に対する虐待
  • 有料老人ホーム設置者による入居者の財産侵害(職員による窃盗等)
  • 有料老人ホームにおける火災事故
  • 地震等の自然災害による有料老人ホームの滅失・損傷
  • その他報告が必要であると施設が認めた事故

重要事項説明書等の提出について

 「有料老人ホーム設置者等からの報告の徴収について」(平成27年7月30日老高発0730第1号厚生労働省老健局高齢者支援課長通知)に基づき、有料老人ホームの設置者等(サービス付き高齢者向け住宅の登録を受けている有料老人ホームを含む)は、毎年7月1日現在の経営状況等について8月末日までに報告することとされています。

 報告に係る書式等は次のとおりです。

 「有料老人ホーム設置者等からの報告の徴収について」(平成27年7月30日老高発0730第1号厚生労働省老健局高齢者支援課長通知) [PDFファイル/108KB]

有料老人ホーム情報開示等一覧表(別紙様式1) [Excelファイル/15KB]

有料老人ホームの前払金の保全措置に関する調査票(別紙様式2) [Excelファイル/12KB]

有料老人ホーム重要事項説明書 [Wordファイル/78KB]

実地検査について

長野市では有料老人ホームの適正な施設運営が図られるよう、長野市有料老人ホーム実地検査実施要領を定め、市内のホームに対し立入検査を行います。 

サービス付き高齢者向け住宅とは

 高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。国土交通省・厚生労働省が所管する「高齢者住まい法」の改正により、平成23年10月から登録がスタートしました。

長野市内のサービス付き高齢者向け住宅一覧 [PDFファイル/146KB]

登録された「サービス付き高齢者向け住宅」の詳細情報はこちら(外部リンク)

「サービス付き高齢者向け住宅」の登録基準

規模・設備

  • 各専用部分の床面積は、原則25平方メートル以上
    (ただし、居間、食堂、台所そのほかの住宅部分が高齢者が共同して利用するための十分な面積を有する場合は18平方メートル以上)
  • 各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること
    (ただし、共有部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えることにより、各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備または浴室を備えずとも可)
  • バリアフリー構造であること

サービス

  • 安否確認と生活相談サービスが必須のサービスです。
    ケアの専門家が少なくとも日中に常駐し、これらのサービスを提供します。

契約関係

  • 書面による契約であること
  • 居住部分(専用部分)が明示された契約であること
  • 入居者の長期入院などを理由に事業者から一方的に契約解除を行わないこと
  • 権利金その他の金銭を受領しない契約であること
    (受領できる金銭は、敷金、家賃・サービス費及び家賃・サービス費の前払金のみ)
  • 家賃、サービス費の前払金を受領する場合は、前払金の算定の基礎、返還債務の金額の算定方法が明示されていること
  • 前払金に対し、必要な保全措置が講じられていること など

サービス付き高齢者向け住宅事業の登録について

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5029
Fax:026-224-5126
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る