ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 国民健康保険課 国民年金室 > 国民年金第1号被保険者の独自の給付(寡婦年金、死亡一時金等)

国民年金第1号被保険者の独自の給付(寡婦年金、死亡一時金等)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年12月28日更新

国民年金第1号被保険者の独自の給付について

国民年金の第1号被保険者の方には、国民年金から独自の給付として

  • 寡婦年金
  • 死亡一時金
  • 付加年金      があります。

寡婦年金

 老齢基礎年金の受給資格を満たしている夫が年金を受けないで亡くなった時、婚姻関係が10年以上継続している妻が60歳から65歳になるまでの間受けられます。
 年金額は、夫が受ける予定であった老齢基礎年金の4分の3の金額です。

死亡一時金

 3年以上国民年金の保険料を納めた人が年金を受けないで亡くなった時、生計を同一にしていた遺族に支給されます。

死亡一時金の額 

 一時金の額は国民年金保険料を納めた年数により以下のとおりです。

  •   3年以上15年未満⇒120,000円
  • 15年以上20年未満⇒145,000円
  • 20年以上25年未満⇒170,000円
  • 25年以上30年未満⇒220,000円
  • 30年以上35年未満⇒270,000円
  • 35年以上⇒320,000円

付加年金

 月々の国民年金定額保険料に、付加保険料(月額400円)をプラスして納めると、将来受け取る老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。
 なお、第3号被保険者、国民年金基金に加入されている方はご利用いただけません。また、農業者年金に加入されている方は、必ずご加入いただきます。

 付加年金の計算式(年間受取額)

  200円×付加保険料の納付月数 

 付加年金加入年数に応じた受取額の例

付加加入年数と
保険料納付額

(400円×納付月数)

年額付加年金受取額


(200円×納付月数)

2年間で受け取る
付加年金の合計額

(2年間で納めた保険料と同額)

1年

4,800円

2,400円

4,800円

5年

24,000円

12,000円

24,000円

10年

48,000円

24,000円

48,000円

15年

72,000円

36,000円

72,000円

20年

96,000円

48,000円

96,000円

30年

144,000円

72,000円

144,000円

40年

192,000円

96,000円

192,000円

 

その他

 脱退一時金

  受給資格期間がないまま帰国した外国人のために「脱退一時金」という制度があります。
  国民年金保険料を納めた期間または厚生年金の加入期間が6ヶ月以上あり帰国後2年以内に請求を行えば、一時金が支給されます。
  詳しくは日本年金機構へお問い合わせください。

  日本年金機構ホームページ脱退一時金(外部リンク)


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
国民年金室
Tel:026-224-5026
Fax:026-223-7200
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る