ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 医療 > ながの子育て情報 > 自立支援医療費(育成医療)の支給について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 生活の出来事 > 妊娠・出産 > ながの子育て情報 > 自立支援医療費(育成医療)の支給について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > 子育て > ながの子育て情報 > 自立支援医療費(育成医療)の支給について

自立支援医療費(育成医療)の支給について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年7月1日更新

自立支援医療(育成医療)

制度の概要

 身体に障害のある18歳未満の児童に対して、生活の能力を得るために必要な医療費の一部を公費で負担する制度です。

給付の要件

 指定医療機関による医療で、以下の障害について確実に治療効果が期待できると医師が判断した場合に対象となります。

  1. 肢体不自由
  2. 視覚障害
  3. 聴覚・平衡機能障害
  4. 音声・言語・そしゃく機能障害
  5. 心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸または肝臓機能障害
  6. 先天性の内臓機能障害(上記5に掲げるものを除く)
  7. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

給付の対象とならない場合

  1. 指定医療機関以外での医療
    各医療機関の診療科目ごとに指定となっています。指定の有無については事前に長野市保健所へご確認ください。
  2. 児童が加入している医療保険の被保険者の平成29年度市民税(所得割)額が23万5千円以上で、かつ「高額治療継続者」(下記費用負担を参照)に該当しない場合

費用負担

 保護者の自己負担額は医療費の1割となり、かつ世帯の所得状況や障害の区分などにより負担上限額(月額)が下表のとおり設定されます。また、高額治療継続者に該当するかしないかで負担上限額が変わります。なお、入院時の食事標準負担額は公費負担の対象になりません。

 高額治療継続者(重度かつ継続)は、以下の場合に該当します。

  1. 心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、腎臓機能障害、小腸機能障害、肝臓機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)、免疫機能障害で受診される方
  2. 申請前の12か月間において、児童の属する医療保険の世帯が3回以上、高額療養費の支給を受けた月がある場合。
    なお、その場合には高額療養費の支給通知書の写し、高額療養費の請求に係る医療機関の領収書等の提出をお願いします。
高額治療継続者である方の負担上限額

児童の属する世帯の課税状況等

負担上限額(月額・円)

生活保護世帯

0

市民税非課税

保護者の年収がいずれも80万円以下

2,500

保護者の年収が80万円を超える

5,000

市民税課税

市民税(所得割)額が3万3千円未満

5,000

市民税(所得割)額が3万3千円以上23万5千円未満

10,000

市民税(所得割)額が23万5千円以上

20,000

 

高額治療継続者でない方の負担上限額

児童の属する世帯の課税状況等

負担上限額(月額・円)

生活保護世帯

0

市民税非課税

保護者の年収がいずれも80万円以下

2,500

保護者の年収が80万円を超える

5,000

市民税課税

市民税(所得割)額が3万3千円未満

5,000

市民税(所得割)額が3万3千円以上23万5千円未満

10,000

市民税(所得割)額が23万5千円以上

支給対象外

 

市民税非課税とは

児童の加入する医療保険が、健康保険・共済組合の場合は被保険者、国民健康保険の場合は加入者全員の課税状況で判定します(平成29年度課税額が対象です)。

保護者の年収とは

保護者それぞれの所得額を確認できる書類(源泉徴収票、確定申告書、課税内容証明書)の提出をお願いします。

市民税(所得割)額とは

児童の加入する医療保険が、健康保険・共済組合の場合は被保険者、国民健康保険の場合は加入者全員の合算額で判定します。

自立支援医療費(育成医療)の支給申請について

 自立支援医療費(育成医療)の支給に関する申請書・意見書等です。

お持ちいただくもの

手数料

無料                                              
※医療機関で自立支援医療(育成医療)意見書に証明を受ける際に文書料がかかる場合があります。

届出窓口

長野市保健所健康課

関係書類様式

記入例

ご注意いただくこと

  • 自立支援医療(育成医療)意見書は、担当医師に記入を依頼してください。
  • 指定医療機関の追加・変更、自己負担上限額の変更を行う場合は、支給認定申請書により申請してください。
  • 児童および保護者の氏名・住所・連絡先の変更、児童の加入する医療保険の変更があった場合は、自立支援医療(育成医療)受給者証等記載事項変更届により届け出てください。
  • 紛失や破損により受給者証の再交付を受ける場合は、自立支援医療受給者証(育成医療)再交付申請書により申請してください。
  • 自立支援医療(育成医療)により装具治療を行う場合の補装具費の支給については、通常の支給認定のほかに、自立支援医療(育成医療)補装具費支給申請書・自立支援医療(育成医療)補装具費請求書による手続きが必要です。
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
母子保健担当
Tel:026-226-9963
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る