ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

スズメバチ対策について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2013年9月27日更新

スズメバチの安全対策について

平成19年9月14日


毎年夏から秋にかけて、スズメバチに関するお問い合せが多くなっています。

特に8月から10月にかけては全国的にもスズメバチによる刺傷事故が多く報告されます。

スズメバチの巣の除去、刺されないための注意、刺された場合の対処法についてまとめましたので参考にしてください。

 

スズメバチの巣の除去について

長野市では、スズメバチの巣の除去に対応していただける業者をご紹介していますので、巣の除去を希望される方は、長野市保健所食品生活衛生課(026−226−9970)へ電話でご連絡ください。

なお、除去費用は原則有料になります。営巣場所、巣の大きさなどで料金が異なりますので、詳しくは業者の方とご相談ください。

 

スズメバチに刺されないために

スズメバチに刺されないために、以下の点に注意しましょう。

  • 野外に出る場合は白っぽい服装を心がけ、肌の露出を避ける。特に頭には白系統の帽子をかぶる。
  • 整髪料、香水、ヘアスプレーなど、においの強いものは避ける。虫よけの超音波発生器はハチを刺激することがあります。
  • ハチが近くに来た場合は、手で追い払ったり、タオル等をヒラヒラさせない。しゃがみ込んで姿勢を低くし、やりすごす。
  • ハチの巣に近寄らない。ハチの巣を突っついたり、近くの枝をいじったり刺激しない。

    巣の近くでは、大声を出したり、強い振動を与えることも危険です。 

ハチに刺されたときは

ハチに刺されたときは、以下の応急処置をして医療機関を受診しましょう。

特に、以前に刺された経験のある方は、アナフィラキシーショック(即時性の非常に強いアレルギー症状)などを起こすおそれがありますので、直ちに受診してください。

  • 刺された部分を強くつまみ毒を絞り出しながら、患部を水で洗う。(水溶性成分の洗い出しと冷やす効果)
    *アンモニア水は効果がありません
  • 患部を冷やして、迅速に医療機関を受診する。


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
薬務・生活衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る