ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 環境 > 事業所規制・届出 > ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 環境 > 事業系ごみ > ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年3月10日更新

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

各事業者の方へお知らせ( パンフレット )

・ PCB廃棄物を保管している事業者の方へ [PDF形式/2.91MB] 
・ 電気室やキュービクルなどの確認をお願いします  [PDF形式/2.69MB]
トランス(変圧器)、コンデンサ(蓄電池)を保管している事業者の方へ [PDF形式/1月31日MB]
・ 解体工事業者の方へ [PDF形式/1.58MB]
・ 廃油処分・リサイクル業者の方へ [PDF形式/1.61MB]
・ 鉄リサイクル業者の方へ [PDF形式/1.62MB]
安定器(コンデンサ)を使用した照明器具のPCB含有判別方法等について(パンフレット制作者 (一社)日本照明工業会) [PDF形式/324KB]
 (一社)日本照明工業会ホームページ

 

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、化学的に安定し電気絶縁性が良く、不燃性であることなどの性質をもつ工業的に合成された油です。このような特徴から、トランス(変圧器)、コンデンサ(蓄電池)、蛍光灯の安定器などの電気機器の絶縁油や感圧複写紙などに広く使用されてきました。しかし、昭和43年に発生したカネミ油症事件をきっかけとして、その毒性が社会問題となり、昭和47年に製造が中止されています。

廃止されたPCB使用電気機器等は、処理が行われるまでの間、事業者が廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、廃棄物処理法)に基づく特別管理産業廃棄物として適切に保管、管理することが義務付けられてはいますが、処理施設の整備の遅れなどにより、長期にわたる保管を余儀なくされ、不適正な処分や紛失などによる環境への悪影響が心配されています。

このような状況を踏まえ、PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進するため、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(以下、PCB特措法)が制定され、平成13年7月15日に施行されました。
また、平成28年8月1日にPCB特措法が一部改正され、保管事業者等への新たな届出義務、高濃度PCB廃棄物の処分期限の前倒し等により、一層処理の推進が求められています。

なお、PCB特措法の一部改正をうけた説明会を開催しましたが、説明会に参加されなかった保管事業者等の皆さんは、説明会資料及び主な質疑応答等について次の資料をご参照ください。

PCB特措法の一部を改正する法律に係る説明会について「長野県HP」

PCB特措法の改正の詳細については次の資料をご覧ください。

PCB特措法一部改正について「環境省HP」

PCB特措法の要旨

PCB廃棄物を保管する事業者は、毎年度、6月30日までに前年度の保管及び処分状況並びに高濃度PCB使用製品の廃棄の見込み等を長野市長あてに届け出なければなりません。

保管しているすべてのPCB廃棄物の処分が終了した場合、または所有しているすべての高濃度PCB使用製品の廃棄が終了した場合、処分及び廃棄を終了してから20日以内に長野市長あてに届け出なければなりません。

PCB廃棄物の保管事業場を変更した場合は、変更した日から10日以内に、変更前及び変更後の保管事業場を管轄する都道府県知事(政令市の場合はその市長。長野市内の場合は、長野市長。)あてに届け出なければなりません。

高濃度PCB廃棄物の保管事業場の変更は、原則禁止されていますが、確実かつ適正な処理に支障を及ぼすおそれがないものとして環境省令で定める場合は、この限りではありません。

PCB廃棄物の処理期限は、高濃度PCB含有のトランス・コンデンサ等は平成34年3月31日、安定器等・汚染物は平成35年3月31日、低濃度PCB廃棄物は、平成39年3月31日までに処理するように定められています。

PCB廃棄物の譲り渡し、譲り受けは原則として禁止されています。
※一定の要件を満たす場合には市長の承認を前提として認められることがあります。必ず事前にご相談ください。

相続、合併または分割により、PCB廃棄物の保管事業者の地位を承継したときは、承継のあった日から30日以内に長野市長あてに届け出なければなりません。  

PCB廃棄物に係る届出の詳細についてはこちらをご覧ください。

PCB廃棄物の適正保管

PCB廃棄物は特別管理産業廃棄物に該当します。処理が行われるまでは、適正に保管しなければなりません。
また、PCB廃棄物を保管する事業場ごとに、一定の資格を有する特別管理産業廃棄物管理責任者を置かなければなりません。

PCB廃棄物の保管等の詳細についてはこちらをご覧ください。

PCB廃棄物の処理

PCB廃棄物はその電気機器等に含まれるPCB濃度により処分できる処分事業者が決まっています。

PCB廃棄物の処理の詳細についてはこちらをご覧ください。

提出先(お問い合わせ) 長野市役所 環境部廃棄物対策課(第二庁舎3階)
 Tel : 026-224-7320
 Fax : 026-224-5108
 Eメール : haitai@city.nagano.lg.jp

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-7320
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る