宮彫りの匠 北村喜代松の屋台


きなさだより 平成29年5月

山深い鬼無里もようやく桜が咲き始め春らしくなってきました。
鬼無里の春といえば水芭蕉ですが、今年の冬は雪が多く、
奥裾花自然園の駐車場までの除雪は大変だったそうです。
冬が厳しいとやって来た春は特別うれしいものです。
田んぼに水がはられ田植えも始まります。
里山の春を感じながら資料館にもぜひ遊びに来てください。



お知らせ

→ページのトップへ戻る