前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉・介護 > 介護保険 > 介護保険料 > 介護保険料の遡及賦課誤りについて(お詫び)

更新日:2023年7月4日

ここから本文です。

介護保険料の遡及賦課誤りについて(お詫び)

介護保険料について、平成29年度から令和5年度に遡及賦課(遡って変更)した内容に誤りがありましたので、お知らせします。

市民のみなさまには深くお詫び申し上げるとともに、再発防止策を徹底してまいります。

1、概要

介護保険料は、平成27年4月1日施行の介護保険法の改正により、賦課決定(変更)について「当該年度における最初の納期の翌日から起算して2年を経過した日以後においてはすることができない」と規定されました。(介護保険法第200条の2)

この時点において、所得変更があった場合など遡及賦課した際に、特別徴収(年金天引き)は、保険者(長野市)に納入される期限である5月10日と設定すべきところを、条例で定められた普通徴収(納付書・口座振替)の第1期納期限と同じ6月末日を「最初の納期限」として誤って取り扱っていました。

このため、特別徴収において過大徴収、過大還付になる被保険者が判明したものです。

2、期間及び対象保険料

(1)対象期間

平成29年度から令和5年度までの変更(遡及賦課)処理分

(平成27年度分から令和3年度分までの保険料)

(2)対象保険料

▷賦課誤りにより過大徴収した人数及び金額…108件(2,510,510円)

▷賦課誤りにより過大還付した人数及び金額......40件(1,009,680円)

 

3、今後の対応

▷保険料を過大に徴収した方には、令和5年7月上旬にお詫び文を発送し、還付は7月末を予定しております。

▷保険料を過大に還付してしまった方については、すでに遡及賦課期間を過ぎていることから、保険料の返還は求めません。

4、再発防止策

法改正の際には、正確に内容を把握するため、複数の職員で確認するとともに、法解釈に疑義がある場合は、国・県に必ず照会する等による再発防止策を徹底し、信頼回復に努めてまいります。

 

お問い合わせ先

保健福祉部
介護保険課賦課・収納担当

長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎1階

ファックス番号:026-224-8694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?