ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > ながのキッズページ > 5ページ 救助隊のしごと

5ページ 救助隊のしごと

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年6月29日更新

5ページ 救助隊のしごと.jpg

救助隊のしごと

 レスキュー隊とも呼ばれ、オレンジ色の服を着ています。ロープを使って、ビルのかべをよじのぼったり、隣のビルに移ったり、高いところでも動けるように色々な訓練をしています。 
 救助隊は、火災現場やさまざまな事故現場で、人命救助の仕事をします。 

 火事の現場に取り残された人、機械に体を挟まれた人、エレベーターに閉じ込められた人…。
 起こるかもしれない事故に備えて、毎日、厳しい訓練を繰り返しています。

 人命救助にかつやくする救助隊は、100種類をこえる救助資機材を使いこなします。
 救助隊が乗る車には、コンクリートや鉄筋をせつだんしたり、がれきの下のようすをさぐったり、暗いところで物を見たりと、ありとあらゆる装備が用意されています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0901 長野市大字鶴賀1730番地2
直通
Tel:026-227-8000
Fax:026-226-8461
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る