ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 申請書様式、手数料 > バリアフリー法が適用される建築確認申請について

バリアフリー法が適用される建築確認申請について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年12月1日更新

長野県福祉のまちづくり条例の改正

近年の社会情勢の変化に対応し、長野県福祉のまちづくり条例をより実効性の高いものにするため、平成28年12月1日より、(改正)「長野県福祉のまちづくり条例(以下、県条例)」が施行されています。

改正の詳細は、下記アドレス(長野県福祉のまちづくり条例の改正について)をご覧ください。

 【リンク】http://www.city.nagano.nagano.jp/site/sinseikaihatu/142298.html

特別特定建築物の対象面積の引き下げ(バリアフリー法関係)

主な改正の内容としては、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(以下、バリアフリー法)」の適合義務が生じる対象面積を、次表のとおり、2,000平方メートル以上から1,000平方メートル以上に引き下げています。バリアフリー法は、建築基準法の建築基準関係規定であり、対象建築物は建築確認申請における審査対象になります。

区分(バリアフリー法第5条1項) ※県条例引き下げ該当項目のみ表示対象用途面積
条例により対象面積が引き下げられた特別特定建築物
一 特別支援学校1,000平方メートル以上
二 病院または診療所1,000平方メートル以上
八 保健所、税務署その他不特定多数かつ多数の者が利用する官公署1,000平方メートル以上
九 老人ホーム、福祉ホームその他これらに類するもの(主として高齢者、障害者等が利用するものに限る。)1,000平方メートル以上
十 老人福祉センター、児童厚生施設、身体障害者福祉センターその他これらに類するもの

1,000平方メートル以上

(児童福祉法第40条に規定する児童厚生施設を除く)

 

建築物移動等円滑化基準の付加

県条例では、バリアフリー法の建築物移動等円滑化基準に県独自の整備基準を付加しています。建築確認申請では、バリアフリー法で定められた建築物移動等円滑化基準にくわえ、県条例で付加された建築物移動等円滑化基準にも適合させる必要があります。

確認申請が円滑に実施できるように、長野県では、長野県版の建築物移動等円滑化基準チェックリストを作成しておりますのでご活用ください。

 建築物移動等円滑化基準チェックリスト(長野県版) [Wordファイル/139KB]

 建築物移動等円滑化基準チェックリスト(長野県版) [PDFファイル/359KB]

長野県福祉のまちづくり条例に基づく届出の有無について

これまでは、建築確認申請で審査対象となる2,000平方メートル以上の特別特定建築物であっても、福祉のまちづくり条例に基づく届出義務がありましたが、今回の改正によって、バリアフリー法の特別特定建築物については、福祉のまちづくり条例に基づく届出は免除されることとなりました。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎7階
メール:shidou@city.nagano.lg.jp
審査担当
Tel:026-224-5048
Fax:026-224-5124
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る