ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 各種検診・予防接種 > 65歳以上の方を対象とする予防接種について

65歳以上の方を対象とする予防接種について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年10月30日更新

定期予防接種について

予防接種は感染症予防のために行うものです。
大切な健康を守るためにも、みんなが予防接種を受けましょう。

長野市では、年間を通じて個別に指定医療機関で実施しています。
接種対象年齢内のなるべく早い時期に受けましょう。

予防接種を受けることにあたっての注意事項

予防接種別対象年齢及び接種方法

  1.65歳以上の方のインフルエンザ予防接種

 2.高齢者肺炎球菌予防接種

 

1.65歳以上の方のインフルエンザ予防接種について

実施期間

令和2年10月1日(木)から令和2年12月29日(火)まで

対象者

接種日現在65歳以上で接種を希望する方

※接種日現在60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害(身体障害者手帳1級)を有する方で接種を希望する方も対象となります。

自己負担額

1,200円(医療機関窓口でお支払いください。)

ただし、対象者のうち次に該当する方は、無料で接種できます。

・生活保護受給者(長野市生活支援課または福祉政策課篠ノ井分室で発行する受給証明書を必ずお持ちください。)

・特定中国残留邦人等支援給付受給者(長野市生活支援課または福祉政策課篠ノ井分室で発行する本人確認証を必ずお持ちください。)

接種方法

期間中の接種回数は1回です。

指定医療機関での個別接種となります。

指定医療機関一覧 [PDFファイル/225KB]

※医療機関の希望により、一覧に掲載されていない医療機関があります。

  1. 接種を希望する方は、ワクチンの準備の都合上、事前に医療機関へ連絡・予約をしてください。
  2. 医療機関の窓口に住所、年齢等が確認できるもの(保険証、免許証等)を提示してください。
  3. 医療機関にある予防接種の説明書をよくご覧いただき、医療機関で渡される予診票に必要事項を記入・署名し、接種を受けてください。
  4. 接種後、自己負担額1,200円を医療機関窓口にお支払いください。

関連リンク

「インフルエンザ(総合ページ)」(厚生労働省ホームページ:新しいウィンドウが開きます)

2.高齢者肺炎球菌

  平成26年10月1日から、国の定める定期予防接種となりました。

 令和2年度の対象者

(1)肺炎球菌ワクチン(23価)を1回も接種したことがなく、令和2年度に次の年齢になる人で希望する人

年齢

生年月日

65歳

昭和30年4月2日生まれ ~ 昭和31年4月1日生まれ

70歳

昭和25年4月2日生まれ ~ 昭和26年4月1日生まれ

75歳

昭和20年4月2日生まれ ~ 昭和21年4月1日生まれ

80歳

昭和15年4月2日生まれ ~ 昭和16年4月1日生まれ

85歳

昭和10年4月2日生まれ ~ 昭和11年4月1日生まれ

90歳

昭和 5年4月2日生まれ ~ 昭和 6年4月1日生まれ

95歳

大正14年4月2日生まれ ~ 大正15年4月1日生まれ

100歳

大正 9年4月2日生まれ ~ 大正10年4月1日生まれ

 ・接種期間:令和2年4月1日~令和3年3月31日(定期予防接種を受ける機会は、この期間に限ります。ご注意ください。)

(2)60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害(身体障害者手帳1級)を有する方で希望する方(肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがない人に限る。)

接種回数

 1回

実施方法

 指定医療機関で個別接種

 指定医療機関一覧 [PDFファイル/140KB]

 ※ワクチンの準備の都合上、必ず事前に医療機関へ連絡してください。
 ※医療機関の希望により、一覧に掲載されていない医療機関があります。 

自己負担額

 2,000円(医療機関窓口でお支払いください。)

 ただし、対象者のうち次に該当する方は、無料で接種できます。

 ・生活保護受給者(長野市生活支援課または福祉政策課篠ノ井分室で発行する受給証明書を必ずお持ちください。)

 ・特定中国残留邦人等支援給付受給者(長野市生活支援課または福祉政策課篠ノ井分室で発行する本人確認証を必ずお持ちください。)

持ち物

 ・予診票

 ・本人確認できるもの(健康保険証、免許証等)

 ・生活保護受給者は、受給証明書

 ・特定中国残留邦人等支援給付受給者は、本人確認証

予診票

 令和2年度に対象年齢となる方には、令和2年4月初めに予診票と案内通知をお送りします。接種の際は事前に医療機関に確認・予約してください。

 お手元にない場合は、お手数ですが健康保険証等をお持ちの上、お近くの保健センター(信州新町支所・中条支所含む)、市役所第一庁舎2階健康課窓口または長野市保健所健康課にお越しください。予診票をお渡しします。 ※若穂保健ステーションでは取り扱っていません。

 ※お手元に予診票がある人のうち「既に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがある方」は、定期予防接種の対象となりませんので、予診票を破棄していただくようお願いします。

関連リンク

 肺炎球菌感染症(高齢者)(厚生労働省ホームページ:新しいウィンドウが開きます)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
感染症対策担当
Tel:026-226-9964
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る