前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

この街で、わたしらしく生きる。長野市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > その他の感染症 > HIV/エイズ・性感染症

更新日:2024年4月10日

ここから本文です。

HIV/エイズ・性感染症

長野市保健所のHIV/エイズ・性感染症検査について

夜間検査と第3火曜日の受付は「ながの電子申請サービス」をご利用ください

夜間検査及び第3火曜日は「ながの電子申請サービス」によるWEB予約のみの受付とします。第1、2、4、5火曜日は、引き続き電話で予約受付をします。

検査の前に

  • 検査は無料、匿名、要予約制(事前にエイズホットライン、またはながの電子申請サービスからの申し込みが必要)です。
  • 感染の心配のある日から3か月以上経過してから検査を受けることをおすすめします。
  • HIV/エイズ検査にあわせて、ご希望で梅毒・性器クラミジア感染症・淋菌感染症検査を同時に受けることもできます。
  • 性器クラミジア感染症・淋菌感染症の検査を受ける場合は、尿検査が必要になります。検査に近い時間で排尿してしまうと、その後の尿検査では、病原体の検出が難しくなります。極力、検査2時前から排尿せずにお出かけください。
  • 尿検査結果の信頼度が低下するため、生理中の受検については当日スタッフにご相談ください。

検査について

検査項目

HIV/エイズ検査にあわせて、ご希望で下記2~4を同時に受けることもできます。

  1. HIV/エイズ(抗原・抗体)
  2. 梅毒(抗体)
  3. 性器クラミジア感染症(抗原)
  4. 淋菌感染症(抗原)

検査方法

  • 血液検査
  • 尿検査(上記検査項目3、4を受ける場合)

検査日時

祝休日を除く、毎週火曜日:午前9時~10時40分、毎月第1火曜日:午後5時~6時30分

検査日時が変更になる場合がございます。詳細は、エイズホットライン(電話026-226-9966)までお問い合わせください。

検査会場

長野市保健所(長野市若里六丁目6番1号)

予約方法

電話予約

第1、2、4、5火曜日:原則電話予約

第3火曜日、第1火曜日夜間:「ながの電子申請サービス」によるWEB予約

予約は検査日の2週間前の月曜日(祝日の場合は、火曜日)から、先着順になります。

≪予約・相談専用電話≫平日午前8時30分~午後5時15分

エイズホットライン(電話026-226-9966)

Web予約(第3火曜日、第1火曜日夜間)

4月22日より、下記リンクの受付を開始します。

5月7日17時00分予約分(外部サイトへリンク)

5月7日17時15分予約分(外部サイトへリンク)

5月7日17時30分予約分(外部サイトへリンク)

5月7日17時50分予約分(外部サイトへリンク)

5月7日18時10分予約分(外部サイトへリンク)

5月7日18時30分予約分(外部サイトへリンク)

検査の様子

HIV・エイズ検査のススメ(PDF:337KB)

結果の通知方法

  • HIV/エイズ:検査当日の約1時間後に、面談にて結果をお伝えします。(判定保留の場合、当日検査結果をお伝えできない場合もあります。)
  • 梅毒、性器クラミジア感染症、淋菌感染症:検査の1週間後以降に、検査を受けた本人から電話をもらい、面接か電話で結果を伝えます。

長野市保健所のHIV/エイズ・性感染症相談について

性感染症に関する電話相談も随時行っています。匿名で相談可能です。

≪予約・相談専用電話≫平日午前8時30分~午後5時15分

エイズホットライン(電話026-226-9966

その他

HIV/エイズの発生状況

日本では令和3年12月末現在、HIV/エイズ患者が累計3万3千537人います。令和3年の1年間の新規HIV感染者・エイズ患者の合計は1千57人でした。

診断時に既にエイズを発症している割合は、日本で約30%であるのに対し、長野県では約35%でした。また、累計でみると「HIV感染者」は20〜30歳代が多いのに対し、「エイズ患者」は40〜50歳代を中心とした中高年に多くなっていることから、早期に自分の感染を知る機会がなかった人が多いと考えられます。

信州STOPAIDS作戦パンフレット(長野県ホームページへリンク)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

HIV/エイズ以外の感染症にもご注意ください

性感染症とは、性行為によってうつるさまざまな病気の総称です。HIV/エイズの他に主な性感染症として、性器クラミジア感染症、梅毒、淋菌感染症、尖形コンジローマ、性器ヘルペス、トリコモナス症、B型肝炎等があります。

感染時の症状として、男性は排尿時の痛み等、女性はおりものの増加や性交痛等が出る場合があります。ただし、症状が出ない場合も多く、気付かぬうちにパートナーにうつしてしまう危険性があります。感染したまま放置すると不妊症などの原因にもなります。

また性感染症に感染していると、炎症のある場所から血管の中にHIVが入り込む確率が高くなります。

性感染症は治療が可能です。感染したら放置せず、パートナーと一緒に治療を受けましょう。

B型・C型肝炎ウイルスについては、保健所でも検査を受けられます。詳細は肝炎ウイルス相談・検査についてをご覧ください。

HIV啓発カード設置協力店の募集

目的

明らかになっているHIVの感染者数は、氷山の一角で、自分の感染を知らない人が大勢いると考えられます。早期発見早期治療のためには、積極的にHIV検査を受けることが大切です。

広く市民の皆さんがHIV/エイズに関心を持ち、HIV検査の啓発に協力していただける事業所を募集します。

協力店の要件

市内に事業所がある法人や個人商店等で、啓発カードを設置していただけるお店等

啓発カード

大きさは縦約4cm×横約9cm程度です。設置場所は貴事業者にお任せします。

(▽カード見本:表)

HIV啓発カード(表)

(▽カード見本:裏)

HIV啓発カード(裏)

(▽設置イメージ:トイレや窓口など)

設置場所例1

設置場所例2

必要書類

HIV啓発カード設置協力用紙(PDF:69KB)に必要事項を記入の上、長野市保健所健康課感染対策担当へFax(026-226-9982)にてお送りください。Fax受理後、1週間程度で郵送にてお送りします。


 

参考資料

正しく知ろうHIV/エイズ・性感染症(長野市保健所作成)(PDF:2,309KB)

あなたに知ってほしいHIV/エイズ・性感染症(長野市保健所作成)(PDF:511KB)

関連リンク

API-Netエイズ予防情報ネット(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

HIV検査・相談マップ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

HIVマップすぐに役立つHIVの総合情報サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

長野県ホームページ(HIV/エイズ、性感染症の予防と検査について)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

厚生労働省(性感染症)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

保健福祉部
長野市保健所健康課感染症対策担当

長野市若里6丁目6番1号

ファックス番号:026-226-9982

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?