ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

おたふくかぜ(任意接種)の予防接種費助成

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年4月12日更新

おたふくかぜ予防接種の助成を開始します

平成31年度(2019年度)4月から、1歳以上2歳未満のお子さんを対象に、「おたふくかぜ予防接種」の接種費用の一部を助成します。

助成を受けるには、事前申請が必要です。助成を希望される方は、申請受付開始日以降に、以下の申請場所へお越しください。助成券を発行します。

対象年齢

1歳以上2歳未満のお子さん

なお、経過措置として平成31年度(2019年度)は平成29年4月2日~6月30日生まれのお子さんは、平成31年(2019年)6月30日まで助成を受けることができます。

助成金額

3,000円

申請受付開始日

平成31年4月1日(月曜)から

申請場所

保健センター、信州新町支所、中条支所、市保健所健康課又は市役所第一庁舎健康課窓口

受付時間は平日8時30分から午後5時15分までです。

必ず母子健康手帳をご持参ください。

助成の受け方

申請いただいた方には助成券を発行しますので、接種する医療機関へは、発行された助成券と母子健康手帳を持参してください。

接種後、医療機関へは、助成金額を差し引いた接種費用をお支払いください。

注意事項

  • 接種後の助成手続きはできませんのでご注意ください。
  • 助成回数は1回のみです。
  • 助成券の使用は、市内の指定医療機関のみ可能です。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは

両側のほおが腫れる病気で、耳下腺の腫れは2日以上続くことがあります。また、ものを噛むときの顎の痛みや、発熱を伴うこともあります。

冬から初夏にかけて流行し、3~6歳に多く起こります。

合併症としては、髄膜炎、脳炎、膵炎、難聴などがあり、その他成人男性には睾丸炎、成人女性には卵巣炎がみられることがあります。

おたふくかぜの詳細については、以下のページをご参考ください。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
感染症対策担当
Tel:026-226-9964
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る