ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 市長室へようこそ

市長プロフィール

市長の公務日程

記者会見

長野市交際費支出状況

歴代長野市長

「広報ながの」に掲載した市長コラム、あいさつ

令和元年台風第19号災害への対応

市長あいさつ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年1月1日更新

~ようこそ長野市ホームページへ~

 

新年のごあいさつ

 市長顔写真

 年始に当たり、謹んでごあいさつを申し上げます。
 日頃は市政に対し、ご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
 特に、昨年10月の台風第19号による災害においては、国、自衛隊、長野県、関係機関をはじめ、延べ6万人を超えるボランティアの皆さまなど、市内はもとより全国各地から様々なご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 過去最大級の災害は、市政と市民生活に大きな被害を与えました。とりわけ、約4,000戸が被災した浸水被害は甚大で、今なお多くの方々が日常生活を取り戻すに至っていない状況です。
 市民の皆さまが、被災前の穏やかな暮らしを取り戻すとともに、今回の災害の経験を教訓とし、長野市が災害に強く、幸せで元気な都市として復興できるよう、被災された皆さま一人一人に寄り添った生活再建支援や、インフラの復旧と強靱(きょうじん)化、商工業や農林業、観光関連産業への支援などを、全力で進めてまいります。
 今回の災害では、多くの皆さまの支えが、復旧の原動力となっています。
 2019ラグビーワールドカップの日本代表は、初のベスト8進出という歴史的な快挙を成し遂げました。これは、さまざまなルーツや文化を持つ選手・スタッフたちが強く結束し、「ONE TEAM(ワン チーム)」になったことが原動力といわれています。
 この市政最大の危機を、市民の皆さまをはじめ関係機関やボランティアなど、長野市をご支援いただいている全ての皆さまとしっかりとスクラムを組んで、「ONE NAGANO(ワン ナガノ)」を合言葉に乗り越えてまいります。
 このようなときだからこそ、みんなが前を向き、元気を出していくことが必要です。
 今年は、子(ね)年、十二支のスタートの年に当たります。復興を支える経済活動を活性化し、にぎわいを取り戻すとともに、将来の世代にわたり安心して暮らせる長野市とするため、今年を「復興元年」と位置付け、昨年12月に設置した長野市災害復興本部を中心に、全庁を挙げて復興業務を強力に推し進めてまいります。
 また、災害からの復旧・復興への予算配分を最優先にしながらも、福祉、医療などの社会保障関連の経費や教育関連の経費、これまで培ってきた地域の魅力を発信する経費などにも配慮し、「幸せ実感都市ながの」に向かい、私が先頭に立って全力で取り組んでまいります。
 皆さまの市政への一層のご支援、ご協力をお願い申し上げますとともに、今年1年のご多幸とご健康を心から祈念申し上げます。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第一庁舎5階
直通
Tel:026-224-5001
Fax:026-227-1302
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る