ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア推進課 > 食べて元気にフレイル予防

食べて元気にフレイル予防

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年6月3日更新

フレイル予防のカギ~食事~

 フレイルをご存じですか?

 年をとって体や心のはたらき、社会とのつながりが弱くなった状態を指します。そのまま放置すると、要介護状態になる可能性があります。大事なことは、早めに気づいて、適切な取組を行うこと。そうすれば、フレイルの進行を防ぎ、健康に戻ることができます。

フレイル予防の3つのポイント

  • 栄養~食事の改善~ 食事は活力の源です。バランスのとれた食事を3食しっかりとりましょう。また、お口の健康(口腔ケア)にも気を配りましょう。
  • 身体活動~ウォーキング・ストレッチなど~ 身体活動は筋肉の発達だけでなく食欲や心の健康にも影響します。今より10分多く体を動かしましょう。
  • 社会参加~趣味・ボランティア・就労など~ 趣味やボランティアなどで外出することはフレイル予防に有効です。自分に合った活動を見つけましょう。

フレイル予防のための食事のとり方

 必要な栄養素をまんべんなくとるためには、多様な食品や料理を食べることが重要です。

  • ポイント1 3食しっかりとりましょう。
  • ポイント2 1日2回以上、主食・主菜・副菜を組み合わせて食べましょう。
  • ポイント3 いろいろな食品を食べましょう。
    それぞれの食品に含まれている栄養素は、1種類ではありません。多様な食品を組み合わせて食べることで、必要な栄養素をまんべんなく摂取することができます。

たんぱく質を含む食品をとるように意識しましょう

  たんぱく質の摂取量が少なくなると筋肉量が減少し、加齢とともに筋たんぱくの合成が遅くなるため、高齢の方はより一層たんぱく質を含む食品をとることが大切です。

たんぱく質を手軽により多くとるために

 ふだんの食事にたんぱく質が豊富に含まれている食品を足したり、変えたりするひと工夫で簡単にたんぱく質を補うことができます。

たんぱく質をとるためのひと工夫

  • コーヒータイムには豆乳をプラスして豆乳ラテ
  • ヨーグルトなど、間食でもたんぱく質が多いものを選んでみましょう
  • 缶詰や冷凍食品など、「あと一品」に便利なものは常備を
  • お弁当や外食は、おかずの種類が多い定食メニューを選んで、いろいろな食品からたんぱく質をとりましょう

詳細は、「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第二庁舎1階
相談・支援担当
Tel:026-224-7873
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る