ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 人権・男女平等 > 人権啓発 > 性別欄のある申請書などの見直しについて

性別欄のある申請書などの見直しについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年8月25日更新

性別欄のある申請書などの見直しについて

 セクシャルマイノリティーの方にとって、性別欄の記載は、自分の性別に違和感がある場合でも性自認と異なる性別の記載を強制され、精神的苦痛を伴う場合があります。
 そのため、セクシャルマイノリティーの方に配慮し、規則や要綱で定められている性別欄のある申請書などを見直しました。
 性別欄を廃止できる52件の申請書などについて、令和3年9月1日から性別欄がなくなります。

性別欄を廃止する申請書などの一覧

規則

性別欄を廃止する申請書など(規則) [PDFファイル/58KB]

要綱

性別欄を廃止する申請書など(要綱) [PDFファイル/37KB]

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第一庁舎4階
人権・男女共同参画課
Tel:026-224-5032
Fax:026-224-7547
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る