ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

『妙高戸隠連山国立公園』誕生

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年9月24日更新

妙高戸隠連山国立公園が誕生しました

 平成27年3月27日に「妙高戸隠連山国立公園」が上信越高原国立公園から分離し、全国で32番目の国立公園として誕生しました。
 「妙高戸隠連山国立公園」では、自然探勝・登山・スキー・キャンプなど様々なことを楽しむことができます。
 ぜひ妙高戸隠連山国立公園を訪れていただき、季節ごとに変化する美しい自然をご堪能ください。

国立公園とは

 国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地の保護と、その風景の観賞など自然と親しむ利用を目的に環境大臣が指定するものです。

妙高戸隠連山国立公園の区域

 妙高戸隠連山国立公園の区域図

 妙高戸隠連山国立公園の区域は、長野県側では長野市(飯綱、戸隠、鬼無里)のほか、飯綱町、信濃町、小谷村、新潟県側では糸魚川市、妙高市にまたがっており、その面積は39,772ヘクタールです。

妙高戸隠連山国立公園の特徴

 妙高戸隠連山国立公園の特徴は、火山(飯縄山、黒姫山、妙高山など)と非火山(戸隠山、火打山、雨飾山など)が密集していることと、それらの山岳と点在する高原(飯綱高原、戸隠高原など)や湖沼(野尻湖など)が一体的な自然景観を作り出していることです。

妙高戸隠連山国立公園へお出かけください

 長野市内では、飯綱高原、戸隠、鬼無里の一部が妙高戸隠連山国立公園の区域内となっています。これらの地域では、希少なものを含む様々な動植物を観察することができますし、同じ場所でも季節ごとに違った姿を見せてくれます。
 4月下旬から5月にかけて、リュウキンカやミズバショウなどが見ごろを迎えます。国立公園の山々を遠くから眺めるだけでなく、現地に足を運んで自然を感じてみてはいかがでしょうか。

鏡池と戸隠連峰(夏) 鏡池と戸隠連峰(秋) 鏡池と戸隠連峰(冬)

      鏡池と戸隠連峰(夏)             鏡池と戸隠連峰(秋)              鏡池と戸隠連峰(冬)

大谷地湿原と飯縄山(春) リュウキンカ モリアオガエル

    大谷地湿原と飯縄山(春)        大谷地湿原のリュウキンカ(5月)    飯綱高原柳沢池のモリアオガエル                 (6月)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
環境企画担当
Tel:026-224-5034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る