ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 環境 > 事業所規制・届出 > 公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 土地・住宅 > 住宅 > 公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン

公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年3月29日更新

公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン

長野市では、これまで公共施設や民間事業地等における雨水流出抑制に取り組んでまいりましたが、他の行政機関に対しても雨水流出抑制施設設置の御協力を要請するため、「公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン」を公開しています。

公共施設における雨水流出抑制施設の設置ガイドライン [PDFファイル/2.67MB]

流出抑制の必要性

近年、市街地化の進展により、農地、山林、緑地だった場所が、ビル、住宅地、アスファルトの道路等に変わり、雨水が地中に浸透する機能が減少したため、降った雨水が河川や下水道に流れ込むまでの時間が短くなり、流れ込む量も増えました。加えて、局地的集中豪雨(ゲリラ豪雨)に代表されるような気候変動に伴う異常気象により、降る雨の量自体も増加し、浸水被害が頻発しています。

このような浸水被害を防止するためには、河川や下水道の整備を進めることはもちろんですが、降った雨を地中に浸透させたり、一時的に貯留して徐々に流すなど、河川や下水道に流れ出る雨の量を抑制し、水の循環を市街地に変わる前の状態に近づけることも重要です。

流出抑制の必要性

雨水流出抑制施設とは

雨水流出抑制施設とは、雨水を一時的に貯めたり、地下に浸透させたりして、下水道・河川への流出を抑制する施設です。雨水流出抑制施設には、貯留施設と浸透施設の2種類があります。

雨水流出抑制施設

対象となる施設

  1. 公共施設の建築物(0.1ha以下)・・・支所、公民館 など
  2. 建築物以外の公共施設・・・道路、公園、駐車場 など
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎6階
計画調査担当
Tel:026-224-7646
Fax:026-224-5112
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る