ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

農業機械化補助金

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年7月30日更新

概要

農作業の省力化、生産性の向上、環境負荷の軽減、地域リーダーを育成し農業の持続的発展を推進するため、農業機械の購入に対して補助を行っています。

※ 予算の都合上、事前に農業政策課へ相談してください。

対象者、対象機械及び補助要件等

区分対象機械補助要件補助率
個人利用せん定枝粉砕機

1 果樹の栽培面積が40アール以上であること。

2 長野県農業共済組合が実施している果樹共済または農業経営収入保険に加入していること。

3 中古の農業機械にあっては、残存耐用年数が2年以上あること。

10分の2以内

(補助金の限度額5万円)

認定農業者等機械

1 認定農業者であること(菌茸の単一経営者を除く)。

2 新品の農業機械の購入にあっては、購入費が1機当たり50万円以上であること。

3 中古の農業機械にあっては、残存耐用年数が2年以上あり、かつ、農業機械の新品当時の購入費が1機当たり50万円以上であること。

4 農業経営改善計画に農業機械に係る記載があること。

5 次に掲げる農業機械を購入する場合にあっては、それぞれに定める性能を備えていること。  

  • トラクタ及びアタッチメント 乗用型20馬力以上 
  • 田植機 乗用型4条植え以上
  • コンバイン 4条刈り以上

6 既に市から交付された補助金により取得した同種の農業機械の更新でないこと(経営規模の拡大に取り組んでいると市長が認める場合を除く)。

7 果樹の栽培に係る農業機械の購入にあっては、長野県農業共済組合が実施している果樹共済または農業経営収入保険に加入していること。

 

10分の5以内

(補助金の限度額50万円)
 

中山間地域に係る
小型農業機械

1 受益地が中山間地域(浅川、小田切、芋井、信里、西条、豊栄、保科、七二会、信田、更府、戸隠、鬼無里、大岡、信州新町及び中条の15地区)であること。

2 受益面積が10アール以上であること。

3 新品の小型農業機械の購入にあっては、購入費が1機当たり10万円以上50万円未満であること。

4 中古の農業機械の購入にあっては、残存耐用年数が2年以上あり、かつ、農業機械の新品当時の購入費が10万円以上50万円未満であること。

5 既に市から交付された補助金により取得した同種の小型農業機械の更新でないこと(経営規模の拡大に取り組んでいると市長が認める場合を除く)。

10分の3以内

共同利用せん定枝粉砕機

1 受益戸数が5戸以上の農業者で組織された団体で、営農組織化または法人化に向けて活動していること。

2 受益面積が150アール以上であること。

3 新品のせん定枝粉砕機の購入にあっては、購入費が1機当たり100万円以上であること。

4 中古の農業機械の購入にあっては、残存耐用年数が2年以上あり、かつ、農業機械の新品当時の購入費が100万円以上であること。

5 既に市から交付された補助金により取得したせん定枝粉砕機の更新でないこと

10分の3以内

各種農業機械

1 受益戸数が5戸以上の農業者で組織された団体で、営農組織化または法人化に向けて活動していること。

2 受益面積が500アール以上であること。

3 新品の農業機械の購入にあっては、購入費が1機当たり300万円以上(乾燥機、選別機及び田植機にあっては、1機当たり100万円以上)であること。

4 中古の農業機械の購入にあっては、残存耐用年数が2年以上あり、かつ、農業機械の新品当時の購入費が1機当たり300万円以上(乾燥機、選別機及び田植機にあっては、1機当たり100万円以上)であること。

5 次に掲げる農業機械を購入する場合にあっては、それぞれに定める性能を備えていること。  

  • トラクタ及びアタッチメント 乗用型25馬力以上 
  • 田植機 乗用型4条植え以上
  • コンバイン 自脱型4条刈り以上または汎用コンバイン

6 既に市から交付された補助金により取得した同種の農業機械の更新でないこと(経営規模の拡大に取り組んでいると市長が認める場合を除く)。

10分の3以内

(補助金の限度額300万円)

家畜ふん尿機械

1 受益戸数が3戸以上かつ畜産農家と耕種農家が連携した団体であること。

2 中古の農業機械の購入にあっては、残存耐用年数が2年以上あること。

10分の3以内

中山間地域
小型農業機械

1 受益地が中山間地域(浅川、小田切、芋井、信里、西条、豊栄、保科、七二会、信田、更府、戸隠、鬼無里、大岡、信州新町及び中条の15地区)であること。

2 受益戸数が5戸以上の農業者で組織された団体で、営農組織化または法人化に向けて活動していること。

3 受益面積が20アール以上であること。ただし、次に掲げる農業機械を購入する場合は、受益面積が100アール以上であること。

  • 乗用型の田植機
  • 乗用型のトラクター及びアタッチメント
  • コンバイン

4 新品の小型農業機械の購入にあっては、購入費が1機当たり50万円以上であること。

5 中古の農業機械の購入にあっては、残存耐用年数が2年以上あり、かつ、農業機械の新品当時の購入費が1機当たり50万円以上であること。

10分の3以内

(補助金の限度額90万円)

 

 

各種様式

様式名個人利用共同利用
 

申請書

補助金交付申請書(個人) [Wordファイル/78KB]補助金交付申請書(共同) [Wordファイル/99KB]
実績報告書実績報告書(個人) [Wordファイル/48KB]実績報告書(共同) [Wordファイル/56KB]
請求書補助金交付請求書 [Wordファイル/40KB]

 


    より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
    このページの情報は役に立ちましたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?

    このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
    なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

    ※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

    このページに関するお問い合わせ先
    〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
    農政担当
    Tel:026-224-5037
    Fax:026-224-5113
    お問い合わせはこちらから
    前のページに戻る ページトップに戻る