ホーム > 特別展・企画展

夏の企画展示
「からくり人形大解剖!」

画像をクリックすると拡大できます。



<概要>

 江戸時代、日本人は西洋から輸入した歯車やカムなどを使いこなし、からくり人形を作り上げました。 からくり人形は、生きているかのように複雑な動きをし当時の人々を驚かせました。 からくり人形の中には、現代から見ても驚くべきレベルの創意工夫が詰まっています。
 本展では、からくり人形の動きを分解し、なぜ複雑で精巧な動きが可能なのか、そのヒミツに迫ります。 からくり人形の理解を通して、暮らしの中を支えるからくりの有用性も紹介します。

<展示内容>

1.和時計とからくり人形
2.江戸のからくり人形大解剖!
3.今に生きるからくり

<主な展示品>

弓曳童子
(越後大郷からくり館蔵)
茶運人形
(越後大郷からくり館蔵)
五段返
(越後大郷からくり館蔵)
アヌビスの手品
(株式会社molen蔵)
スパゲティを食べる男
(株式会社molen蔵)

<関連イベント>
 ○ミュージアムショップ(友の会主催) 10:00~16:00
  7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)、30日(土)、31日(日)
  8月6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、13日(土)、
   14日(日)、15日(月)、16日(火)、20日(土)、21日(日)
  9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)、22日(木・祝)

   ※今年はからくりペーパークラフトや宇宙食を販売しています。

 ○ながはくパートナーによる「からくり人形の実演」
  土・日・祝休日 14:00~/15:00~
  実演する人形は「たまご、ひよことなる」「品玉人形」「酒呑童子」です。
  実際に動くからくり人形をお楽しみください。
  ※実演内容は予告なしに変更することがあります。

 ○子ども☆体験のひろば 13:00~15:00
  7月18日(月・祝) むかしのカメラをつくろう(カメラ・オブスキュラ)
  8月6日(土) サイエンスショー①, ②
  8月14日(日) 光の虹をみよう!
  8月21日(日) サイエンスショー①, ②

 ○ほんものゼミナール 14:00~15:30
  8月21日(日) からくり人形の科学~動きのヒミツ~ 陶山 徹(当館学芸員)

 ○ワクワク・ドキドキ「ロボコン体験!」 @博物館前庭
  8月28日(日) 13:00~15:00  国立長野工業高等専門学校の生徒のみなさん

ページの先頭へ