ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

同和問題

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年10月15日更新

 「ある地域で生まれた」ただそれだけで差別を受ける…。
 同和問題は、日本の歴史の中で長年かけて形成されてきた、深刻で重大な日本固有の人権問題です。結婚差別や、差別発言等の問題をはじめ、近年ではインターネットを使った誹謗中傷などの差別事象も発生しています。同和問題について、「いまどきそんな差別はない」「自分は差別をしないから関係ない」という人たちもいます。しかし、部落差別はなくなったわけではなく、見えにくくなってきているだけなのです。
 一人ひとりがこの問題を正しく知り、当事者の気持ちになって考えることが何より大切です。


法務省(同和問題に関する正しい理解を)へリンク(新しいウィンドウが開きます)

 長野市の動向

 長野市では昭和51年に「部落解放都市宣言」を行い、平成8年には「人権を尊び差別のない明るい長野市を築く条例」を施行し、長年にわたり「すべての人が人間として尊重され、心豊かな生活を送ることができるよう、あらゆる差別のない明るい社会の実現」を目指して、人権教育・啓発活動を推進しております。それにより一定の成果は上がっていますが、依然として差別事象は発生しており、差別意識の根絶には至っていません。
 平成28年に本市が実施した、「人権に関する市民意識調査」でも、「部落差別が今もあると思いますか」という質問に、「たくさんある」「まだまだある」「だいぶなくなったが、少しはある」と回答している人の合計が66.5パーセントとなっています。これは前回の調査より5.6ポイント増加し、依然として同和問題が深刻な問題であることを示しています。また、「どのような問題が起こっているのか」という質問に、「結婚に家族や親戚などが反対すること」「差別的な言動をすること」「身元調査をすること」をあげている人が多くいました。

 

部落解放都市宣言はこちら
「人権に関する市民意識調査」-意識調査のまとめ-(平成28年9月調査) [PDFファイル/5.76MB]
「人権とくらし」-意識調査のまとめ-(平成23年6月調査)(PDF:1,007KB)

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 平成28年12月、「部落差別の解消の推進に関する法律」が公布、施行されました。
 今まで、部落問題の解決を目的とした法律はありませんでしたが、この法律は、部落差別の解消を推進し、部落差別のない社会を実現することを目的とした初めての法律です。

法務省リーフレット「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)」へリンク(新しいウィンドウが開きます)

えせ同和行為に対する注意と対処方法について

 えせ同和にご注意を!

・同和問題を口実にして企業などへ圧力をかけ、不法・不当な行為により、高額な書籍を売りつける。
・部落解放運動に取り組んでいる団体の役員や、会員の名前を勝手に使い、書籍を販売する。

 このような不法・不当な行為は、あたかも部落解放運動であるかのように見せかけて行われることが多いために、被差別部落出身者や同和問題の解決に真剣に取り組んでいる団体に対する市民のイメージを損ね、「同和問題は怖い問題であり避けたほうがよい」という、同和問題に対する誤った意識を植え付け、差別意識や偏見を助長し、新たな差別を生み出す原因となります。
 また、市が同和問題の解決のために協力し合い事業を実施している団体(部落解放同盟長野市協議会、全日本同和会長野支部、地域人権運動連合会長野市協議会の3団体が協調団体となっています。)及びこの団体の会員からは、高額な書籍等の購入を一方的に依頼をすることはありません。
 このことを踏まえ、不法・不当な購入の依頼については、毅然とした態度で「購入しません」とこちらの意思をはっきり伝えましょう。「結構です」「検討します」などのあやふやな意思表示をすると、相手にこちらの意思が伝わらず、申し込んだつもりがないのに書籍等が送られてくる場合があります。
 なお、面接によることなく、郵送等の方法で、注文していない商品と共に購入代金振込用紙を送り付けたり、勝手に購入意思があるものとして代金を要求する商法を「ネガティブオプション」といい、「訪問販売等に関する法律」により規制されていますので、購入する意思がない場合は返送してください。
 このような問題は、一面では販売行為の対象にされた企業等が被害者となっていますが、同和問題と言われただけで「関わりたくない」という意識で、「お金で解決できるなら、言われたとおりにしよう」という、同和問題に対する誤った認識が原因となっています。
 同和問題を正しく理解するためには、日頃から同和問題を「自分には関係ない問題」「自分にはどうしようもない問題」など他人事として考えず、自分の問題として捉え、職場や地域での研修会に参加する等、正しい知識を身につけることが大切です。

対処方法

(1) 開封していない場合
 送られてきた郵便物はそのまま開封せずに、「受取拒否」と記入した付箋等を付けて郵便局へ返送の手続きを行ってください。(詳しくは、お近くの郵便局等に確認してください。)

(2) 開封した場合
 内容を知らずに開封してしまった場合は、購入する意思がないことを明記した文書とともに返送してください。

※注意
 送られてきた書籍等を返戻する場合は、相手から「返されていない」と言い張られないために、発送したことを確認できる方法(簡易書留、配達証明付き郵便、宅急便等)で返送してください。なお、発送したことを証明する書類(郵便局・宅配便業者の引受標等)は、必ず保存しておいてください。

法務省(えせ同和行為を排除するために)へリンク(新しいウィンドウが開きます)
 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第一庁舎6階
人権・男女共同参画課
Tel:026-224-5032
Fax:026-224-7547
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る