ホーム > 講座

総合講座「ほんものゼミナール」

長野市立博物館が収蔵・保管する膨大な資料の中から、各分野の学芸員・専門員がこだわりの逸品を紹介し、その資料がもつホンモノの価値と意義をわかりやすく解説する講座です。

2018年度
第1回 6/10(日)
14:00-15:30
『川中島の戦いと善光寺』

川中島の戦いのさなか、武田信玄と上杉謙信は善光寺本尊を自国へ移したと主張しました。果たしてその真相は。この点を解明します。

会場:長野市立博物館
原田和彦
(歴史)
第2回 7/22(日)
10:00-11:30
『長野にもいた、海の王者クジラ』

企画展「海の王者 クジラ」の展示物から、長野県各地で見つかっているクジラの化石とクジラの進化について紹介します。

会場:長野市立博物館
成田健
(地質)
第3回 8/25(土)
14:00-15:30
『スズキサトル『きょうりゅう』絵本原画と
ブッシュクラフトワーク展』

絵本作家でアウトドア用品のデザインも手掛けるスズキサトル氏(イラストレーター)の展覧会を巡りながら、展示を解説します。

会場:信州新町美術館
前澤朋美
(美術)
第4回 9/1(土)
14:00-15:30
『めざせ!戸隠山
~未知を求めて登った人々~』

明治初期に早くも学術登山が行われた戸隠山。未知の自然を求めた学者や教員、探検家たちによる登山の歴史を紹介します。

会場:戸隠地質化石博物館
中村千賀
(植物)
第5回 10/21(日)
14:00-15:30
『川中島合戦 芝居になる』

川中島合戦を扱った人形浄瑠璃・歌舞伎について、展示では見られない資料を交えてご紹介します。史実から飛躍するほどおもしろい!

会場:長野市立博物館
樋口明里
(民俗)
第6回 11/11(日)
14:00-15:30
『化石博物館に眠る魚の化石』

化石ってなんだろう?大昔にはどんな魚が暮らしていたのだろう?博物館が所蔵する化石と共に大昔の生き物について学びましょう。

会場:信州新町化石博物館
北澤宗一郎
(地質)
第7回 12/9(日)
14:00-15:30
『瑠璃光寺の慶派仏像
~なぜ慶派の仏像だとわかるのか~』

中千田の瑠璃光寺に伝わる薬師如来像が、鎌倉時代の慶派仏師によって作られた可能性について、ポイントを解説します。
※当日実物は見られません。

会場:長野市立博物館
竹下多美
(仏教美術)
第8回 1/27(日)
14:00-15:30
『道具が語る人の動き・物の流れ
~この茶ツボはどこから来たの?~』

博物館にある墨書の入った民具から、物流のネットワークが全国に広がる高度経済成長期前までの物と人の動きを紹介します。

会場:長野市立博物館
細井雄次郎
(民俗)



画像をクリックすると拡大できます。

出前ほんものゼミナール

博物館資料を用いた講座を館外で開催します。
以下のテーマからお好きなものを選んでください。

個性豊かな惑星たち 天体写真とともに太陽系の様々な惑星を紹介する
埋もれ木が語る大昔の大災害 古代~近世の地震災害を埋もれ木から解き明かす
市内の絵馬 市内にあるさまざまな絵馬を紹介する
長野の粉食と生業
~ある農家から見る昭和初期の小麦事情~
長野の小麦事業について考える

ページの先頭へ