ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる国民年金保険料の免除について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる国民年金保険料の免除について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年7月1日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる国民年金保険料の免除について

 新型コロナウイルス感染症の影響により相当程度の収入が減少し(※1)、国民年金保険料の納付が困難となった場合について臨時特例の免除等の申請受付けが開始されました。→日本年金機構ホームページ

(※1)失業・倒産・事業の廃止などの場合は、申請方法が異なります。→「国民年金保険料の免除・納付猶予制度」へのリンク

対象となる方

臨時特例による国民年金保険料の免除・納付猶予及び学生納付特例申請は、以下の(1)及び(2)のいずれにも該当する方が対象となります。

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少
・令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われるなど収入が減少したこと。

(2)収入の減少により相当程度まで所得低下の見込みがあること
・(1)の収入の減少により、令和2年2月以降の所得等の状況からみて、当年中の所得見込額が、国民年金保険料の全額免除、一部免除、納付猶予及び学生納付特例に該当する水準(※2)(※3)になることが見込まれること。

(※2)当年中に見込まれる所得が以下の計算した金額の範囲内
免除等区分計算式
全額免除(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
4分の3免除78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
半額免除118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4分の1免除158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
納付猶予(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
学生納付特例118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

(※3)免除等の判定においては、世帯主及び配偶者(納付猶予は配偶者のみ)も審査の対象となります。また、申請者本人のほか、世帯主や配偶者が(1)と(2)に該当するときにも、この手続きによる申請ができます。

申請の対象期間

申請の対象期間(※年度ごとの申請が必要です)

申請制度対象期間
免除・納付猶予

令和元年度分・・・令和2年2月分~令和2年6月分まで

令和2年度分・・・令和2年7月分~令和3年6月分まで

学生納付特例

令和元年度分・・・令和2年2月分~令和2年3月分

令和2年度分・・・令和2年4月分~令和3年3月分

手続き方法

下記申請先までご相談ください。

申請先

・日本年金機構長野南年金事務所 
(〒380-8677 長野市岡田町126-10  Tel026-227-1284(代))

・長野市役所保健福祉部国民健康保険課国民年金室
(長野市役所 第一庁舎 2階)

郵送での申請をご希望の場合も上記申請先へご相談ください。

申請に必要なもの

・本人確認書類、印鑑、年金手帳、学生証(学生納付特例の場合)

・令和2年2月以降の所得見込額等が分かるもの(※4)

・事業収入や不動産収入がある方は、令和2年2月以降の必要経費の見込額が分かるもの(※4)

(※4)令和2年2月以降の任意の1か月分の契約解除通知書等の写し(所得見込み額等が分かるもの)、事業所の業務帳簿(事業収入欄等)の写し、給与明細書等

・申請書等

申請書様式

※申請書等の様式は、上記申請先にもあります。また、下記リンク先からダウンロードもできます。

免除・納付猶予申請書及び所得の申立書

免除・納付猶予申請書

<令和元年度申請用>所得の申立書(臨時特例用)

<令和2年度申請用>所得の申立書(臨時特例用)

所得の申立書(臨時特例用)記入例

学生納付特例申請書及び所得の申立書

学生納付特例申請書

<令和元年度申請用>所得の申立書(臨時特例用)

<令和2年度申請用>所得の申立書(臨時特例用)

所得の申立書(臨時特例用)記入例

申請時の注意事項

・令和2年2月にさかのぼって申請する場合は、令和元年度分(令和2年2月~6月)、令和2年度分(令和2年7月~令和3年6月)それぞれの年度ごとの申請が必要です。

・2年度分をまとめて申請する場合でも、「所得の申立書」は1枚で申請できます。(どちらの年度の様式でも申請できます。)

・すでに申請されている方で、申請時よりも所得が減少した場合は、再審査を申請することができます。

・申請手続き前に納付された保険料については、免除が承認された場合でも、還付の対象になりません。ただし、国民年金保険料を半年分、1年分や2年分等まとめて前納している方の免除が承認された場合は、免除申請を行った月以降の保険料について還付の対象となります。その場合は、免除の承認後に還付に係る通知が届きますので、お手続きをお願いします。

・口座振替(クレジットカード支払)をご利用中の方は、免除の決定がされるまでの間に保険料の口座振替(クレジットカードの立替払)が行われる場合がありますので、口座振替(クレジットカード支払)の停止を希望される方は、合わせてお申し出ください。(口座振替停止のお手続きの際は、銀行のお届け印が必要です。)

その他

・全額免除期間、一部免除(残りの保険料を納付した)期間、納付猶予及び学生納付特例期間は、老齢基礎年金、障害基礎年金及び遺族基礎年金の受給資格期間に算入されます。

・全額免除期間及び一部免除期間は、老齢基礎年金の受給額から減額されます。

・納付猶予期間及び学生納付特例期間は、老齢基礎年金の年金額に反映されません。

・全額免除期間、一部免除期間、納付猶予及び学生納付特例期間は、10年以内であれば後から保険料を納めること(追納)により、保険料を納付した場合と同じになります。

 

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
国民年金室
Tel:026-224-5026
Fax:026-223-7200
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る