ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 国民健康保険課 国民年金室 > 国民年金保険料の産前産後免除制度

国民年金保険料の産前産後免除制度

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年4月1日更新

国民年金保険料産前産後免除制度について

産前産後免除

 申請により、産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。
 産前産後期間として認められた期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

対象者

 「国年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

免除期間

 単胎妊娠・・・出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間
 多胎妊娠・・・出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間

 ※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。
  (死産、流産、早産された方を含みます。)

届出時期

 出産予定日の6か月前から届出可能

申請手続きに必要なもの

 ・年金手帳
 ・母子健康手帳など出産日及び親子関係を明らかにする書類

その他

 産前産後免除のお手続きは、国民年金室(第1庁舎2階)、各支所または、長野南年金事務所(電話026-227-1284)でできます。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
国民年金室
Tel:026-224-5026
Fax:026-223-7200
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る