ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 先端設備等導入に係る固定資産税の特例について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 税金 > 償却資産 > 先端設備等導入に係る固定資産税の特例について

先端設備等導入に係る固定資産税の特例について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年9月13日更新

先端設備等導入に係る固定資産税の特例について 

中小事業者等が、市が策定した「導入促進基本計画」」に適合する「先端設備等導入計画」を策定し、市の認定を受けて、平成30年6月6日から令和5年3月31日までに取得した一定の機械装置等について、新たに課税されることとなった年度から3年度分に限り、固定資産税の課税標準がゼロになる特例が受けられます。

また、新型コロナウイルス感染症等の影響を受けながらも新規に設備投資を行う中小事業者等を支援する観点から、特例の適用対象に一定の事業用家屋及び構築物が追加されました。これにより、令和2年4月30日から令和5年3月31日までに取得した一定の事業用家屋及び構築物についても、新たに課税されることとなった年度から3年度分に限り、固定資産税の課税標準がゼロになる特例が受けられます。

「先端設備等導入計画」の詳細については、商工労働課ホームページ:先端設備等導入計画についてを参照してください。

 

特例の概要について

特例が適用される場合については、以下のとおりです。

特例の対象者

「先端設備等導入計画」の認定を受けた事業者のうち、中小事業者等が対象です。
中小事業者等とは、次のいずれかに該当する者です。

  • 資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人
  • 資本または出資を有しない法人の場合、常時使用する従業員数1,000人以下の法人
  • 常時使用する従業員数1,000人以下の個人

※大企業の子会社等は資本金等が1億円以下でも対象外です。

 

特例の対象となる償却資産

特例の対象となる償却資産は、次の全ての要件を満たすものです。

  • 令和5年3月31日までに取得されたもの
  • 中古資産でないもの
  • 生産、販売活動等の用に直接供されるもの
  • 生産性向上に役立てる指標が旧モデル比で年平均1%以上向上しているもの
  • 次の設備等の種類に応じた取得価額及び販売開始時期の要件を満たすもの
 
設備等の種類取得価額販売開始時期

機械及び装置

160万円以上10年以内

測定工具及び検査工具

30万円以上5年以内

器具及び備品

30万円以上6年以内

建物附属設備
※償却資産として課税されるものに限る

60万円以上14年以内

構築物

120万円以上

14年以内

※「先端設備等導入計画」の認定後に資産を取得することが必須です。

 

特例の対象となる事業用家屋

特例の対象となる事業用家屋は、次の全ての要件を満たすものです。

  • 令和5年3月31日までに取得された事業用家屋
  • 中古資産でないもの
  • 生産、販売活動等の用に直接供されるもの
  • 取得価額が120万円以上のもの
  • 取得価額の合計額が300万円以上の先端設備等とともに導入されたもの

※事業用家屋の引き渡しまでに「先端設備等導入計画」の申請及び認定を完了させる必要があります。

 

特例適用期間及び特例割合

新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分の固定資産税について、特例の対象となる償却資産及び事業用家屋に係る固定資産税の課税標準がゼロとなります。

※特例が適用された場合であっても事業用家屋に係る都市計画税は軽減されません。

 

提出書類について

「先端設備等導入計画」の認定を得て設備等を導入後、償却資産申告の際に以下の書類を添付して提出してください。

 

※特例の対象がリース資産である場合、以下の書類が追加で必要になります。

  • リース契約書(写)
  • 公益社団法人リース事業協会が確認した固定資産税軽減計算書(写)

 

※特例の対象となる資産に事業用家屋がある場合、以下の書類が追加で必要になります。

  • 建築確認済証(写)
  • 建物の見取り図(先端設備等の設置が分かるもの)(写)
  • 建物に設置する先端設備等の購入契約書(写)
  • その他必要な書類(詳細はお問い合わせください。)

 

関連リンク

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
償却資産に関すること
Tel:026-224-8376
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る