前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉・介護 > 認知症 > 認知症高齢者の行方不明・身元不明への支援

更新日:2023年10月31日

ここから本文です。

認知症高齢者の行方不明・身元不明への支援

1安心おかえりカルテ

認知症などが原因で、行方不明となる人が全国で相次いでいます。地域包括支援センター等では、少しでも早く発見できるように「安心おかえりカルテ」を作成する支援をしています。カルテの作成を希望される方は、お住まいの地区を担当する地域包括支援センター、または担当ケアマネジャーにご相談ください。

2はいかい高齢者家族支援サービス助成事業

はいかい行動が見られる認知症高齢者を自宅で介護するご家族が、民間事業者が提供する位置情報検索サービスを利用するのに必要な費用の一部を助成します。

3認知症見守りSOSネット事業

事業者の協力により、認知症の行方不明高齢者を早期に発見し、安全確保・家族等の負担軽減につなげる事業です。

認知症見守りSOSネット事業について

お問い合わせ先

保健福祉部
地域包括ケア推進課中部地域包括支援センター

長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎1階

ファックス番号:026-224-8574

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?