ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

救命講習会等について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年5月24日更新

救命講習会について

救命講習会の再開は現在検討中です。

  • 長野圏域の長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベルがレベル5以上となったため、令和4年1月14日より救命講習会を中止としてきましたが、令和4年5月23日に長野圏域の感染警戒レベルが引き下げとなりましたが、現在救命講習会の再開について検討しております。

    ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちください。

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策について

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、以下の点にご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。
※長野圏域の長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベル5以上となった場合はその時点で開催を中止とさせていただきます。

  • 受講人数を通常の約半数に制限し開催しております。
  • 受講対象者を長野県内在住の方に限らせていただいております。
  • 受講の当日は、自宅で朝の検温をしていただき、受講会場受付時に検温結果及び体調不良の有無を確認させていただきます。
  • 受講の当日に、風邪症状、倦怠感等の自覚症状や37.0度以上の発熱がある場合は受講をご遠慮いただいております。
  • 受講の際は不織布マスクの着用をお願いいたします。

救命講習の種類

救命入門コース(90分)

小学校中高学年の方(概ね10歳以上)や、普通救命講習の受講希望はあるが、時間が取れない方などを対象とした、主に成人対しての胸骨圧迫とAEDの使用方法を習得する講習会です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に成人)とAEDの使用方法
  • 参加証有り

普通救命講習1(3時間)

一般市民の方が対象となり、主に成人に対して必要な応急手当の方法を習得する講習会です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に成人)とAEDの使用方法、大出血時の止血法、異物除去法、効果確認(実技)
  • 修了証有り

普通救命講習1【e-ラーニング受講者専用】(2時間)

一般市民の方が対象となり、主に成人に対して必要な応急手当の方法を習得する講習会です。
e-ラーニングでの事前学習と確認テストを実施済みの方(概ね1カ月以内に受講)は、普通救命講習1を1時間短縮して受けることができます。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に成人)とAEDの使用方法、大出血時の止血法、異物除去法、効果確認(実技)
  • 修了証有り
【持ち物】

講習会当日にe-ラーニング受講証明書(印刷できない場合は、携帯電話の画面保存したもの)を受付時に提示してください。

普通救命講習2(4時間)

一定頻度者(※)及び一般市民の方が対象となり、主に成人に対して必要な応急手当の方法を習得する講習会です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に成人)とAEDの使用方法、大出血時の止血法、異物除去法、効果確認(筆記+実技)
  • 修了証有り

※一定頻度者とは、業務内容や活動領域の性格から、一定の頻度で心停止者に対し応急の対応をすることが想定される方(介護施設、運動施設等に勤務される方)

普通救命講習2【e-ラーニング受講者専用】(3時間)

一定頻度者(※)及び一般市民の方が対象となり、主に成人に対して必要な応急手当の方法を習得する講習会です。
e-ラーニングでの事前学習と確認テストを実施済みの方(概ね1カ月以内に受講)は、普通救命講習2を1時間短縮して受けることができます。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に成人)とAEDの使用方法、大出血時の止血法、異物除去法、効果確認(筆記+実技)
  • 修了証有り
【持ち物】

講習会当日にe-ラーニング受講証明書(印刷できない場合は、携帯電話の画面保存したもの)を受付時に提示してください。
※一定頻度者とは、業務内容や活動領域の性格から、一定の頻度で心停止者に応急の対応をすることが想定される方(介護施設、運動施設等に勤務される方)

普通救命講習3(3時間)

一般市民の方が対象となり、主に小児、乳幼児、新生児に対して必要な応急手当の方法を習得する講習会です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(主に小児・乳幼児・新生児)とAEDの使用方法、大出血時の止血法、異物除去法、効果確認(実技)
  • 修了証有り

上級救命講習(8時間)

一定頻度者(※)及び一般市民の方が対象となり、普通救命2、3の内容に加え、さらに詳しい応急手当の方法を習得します。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(成人・小児・乳幼児・新生児)とAEDの使用方法、ファーストエイド(傷病者管理法、外傷の手当要領、搬送法)、効果確認(筆記+実技)
  • 修了証有り

※一定頻度者とは、業務内容や活動領域の性格から、一定の頻度で心停止者に対し応急の対応をすることが想定される方(介護施設、運動施設等に勤務される方)

応急手当普及員講習(24時間(8時間×3日間))

所属する事業所の従業員や防災組織の構成員などに対して、普通救命講習を指導しようとする方が対象です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(成人・小児・乳児・新生児)とAEDの使用方法、基礎知識講義、応急手当の実技、基礎医学、資器材取扱い、指導技法、効果確認(筆記+実技)
  • 認定証有り

応急手当普及員(再講習)(3時間)

 応急手当普及員の資格を取得された方が対象です。
 普及員の資格は3年以内毎に再講習(※)が必要となります。

  • 【講習内容】
    救命に必要な応急手当(心肺蘇生法、AEDの使用方法及び止血法)の指導要領

※長野市消防局では、この講習の他に普通救命講習1、普通救命講習2(Webを含む)を受講した場合でも再講習を受講したものとしています。申込時に普及員の再講習であることをお伝えください。

学校関係者救命講習指導者養成講習(8時間)

長野市消防局管内の各保育園、幼稚園及び小中学校関係者で、各関係者を対象にした救命講習を指導する方が対象です。

  • 【講習内容】
    心肺蘇生法(成人・小児・乳幼児・新生児)とAEDの使用方法、プール監視法、効果確認(筆記+実技)
  • 修了証有り

救命講習会の開催日程

いざという時のために、救命講習会を受講しましょう。

応急手当普及員認定証の有効期限の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、救命講習会の受講定員を制限して開催しておりますので、応急手当普及員認定証の有効期限を2年間延長させていただきます。

自宅で学ぶ応急手当

  1. 応急手当Web講習【e-ラーニング受講者専用】を受講して、時間短縮(1時間短縮)した普通救命講習会に参加してみましょう!
  2. 応急手当を動画で見てみましょう!

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた心肺蘇生法について

心肺蘇生は感染リスクが高いと言われており、新型コロナウイルス感染症が流行している状況においては、すべての心肺停止傷病者に感染の疑いがあるものとして対応することが望ましいとされています。
心肺蘇生法の具体的手順については、こちらをご確認ください。

ガイドライン2020対応テキスト (令和4年4月から)

    応急手当テキスト(一括) [PDFファイル/2.38MB]

〈注意事項〉
長野市消防局で使用している救急講習用のテキストです。予告なしに変更する場合がありますのでご承知ください。

※ガイドラインの改訂は従前の心肺蘇生法を否定するものではありません。

ガイドライン2015対応テキスト (改訂前)

救命講習会等の受講申し込み

救急講習用資器材の貸し出し

救命のリレー

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0901 長野市大字鶴賀1730-2
#直通
Tel:026-227-8002
Fax:026-226-8461
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る