ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

保育士を目指すあなたに

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年6月15日更新

保育士を目指すあなたに

 保育の仕事は、未来を創造するかわいい子どもたちが目を輝かせて今を精一杯生きている、その瞬間瞬間に立ち会うことができるやりがいのある仕事です。

 ここでは、保育士を目指すあなたに向けて、保育士になるために必要なことや、それに役立ててほしい支援事業を紹介します。

今、なぜ保育士が求められているのか?

 近年、女性の社会進出が推奨され、多くの女性たちがいろいろな職場で活躍しています。
 それは子どもを持つお母さんたちもまた同じです。子どもを保育園に預けて早いうちの職場復帰を目指す方や、新たな職場への就労を検討される方が増えています。

 そのぶん、保育園には、少し前よりも多くの子どもたちが幼いうちから預けられるようになりました。以前よりもたくさんの子どもたちを安全に保育するために、現場ではより多くの専門的な知識をもった人材(=保育士)が必要とされているのです。

保育士になるために必要なこと

 保育士として現場で働くためには、保育士の資格をとることがまずは必要です。なお、保育士は国家資格のひとつです。

保育士の資格をとるには

 保育資格を所得する方法は大きく2種類に分けられます。

  1. 保育士等の養成課程を有する大学、短期大学、専門学校などで指定科目を履修し、卒業する。
  2. 各都道府県が毎年実施する保育士試験に合格する。
    (試験は、筆記試験とその全科目を合格した者のみが受けられる実技試験にわかれています。筆記試験は科目ごとの合格制になっていて、一度合格すると、その科目については3年の間は有効です。実技試験は幼稚園教諭の免許をすでに取得している場合は、免除となります。)

(参考)保育士資格取得のための学費や就職のための資金貸付事業について

 学費相当、入学準備金、就職準備金の無利子貸付。養成施設卒業後1年以内に保育士登録をし、長野県内において5年間保育業務に従事した場合の全額返済免除あり。詳しくは、上記リンクから長野県社会福祉事業団のホームページをご覧ください。

資格をとったら保育士登録を!

 資格をとっただけでは、現場で保育士として働くことはできません。次に都道府県の「保育登録簿」へ登録申請をしましょう。
 登録は都道府県から事務を委託された「登録事務処理センター」に申請していただくことになります。詳しくは以下のページをご覧ください。

資格をとったら就職先を探そう

 長野市は、あなたが保育現場に来てくれることをお待ちしています。

長野市職員採用試験

 平成31年度長野市職員の募集要綱は平成30年8月1日(水曜日)掲載予定です。

長野市嘱託保育士募集

 年度を通じて、公立保育所の嘱託保育士は募集をしています。詳しくは以下のページをご覧ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎2階
管理担当
Tel:026-224-8032
Fax:026-264-5355
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る