ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 建築指導課 > 市街化調整区域の浸水ハザードエリア内における避難・安全対策について

市街化調整区域の浸水ハザードエリア内における避難・安全対策について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年2月28日更新
 近年の激甚化・頻発化する災害を踏まえ、増大する災害リスクに的確に対応するためには、河川堤防の整備等のハード対策とともに、災害リスクの高いエリアにおける開発の抑制が重要であることから、都市計画法の一部が改正されました。
 改正では、市街化調整区域の浸水想定区域における住宅等の開発許可を厳格化し、「災害時に人命に危険を及ぼすエリア」において、安全上及び避難上の対策を講じた場合、許可可能としています。
 本市は、令和元年東日本台風災害により甚大な被害を受けており、浸水に対する対策が必要であることから、開発許可等を行うものについて、避難・安全対策を実施していただくようにします。

どんなものが対象となるのか

 次の2つ全てに該当する場合が対象です。
 ・市街化調整区域内で浸水想定深さが3m以上の範囲での建築
 ・長野市開発審査会に諮って許可を受けるもの(都市計画法第34条第14号)

どんなことをすれば良いのか

 建物の用途や構造、利用者の状況により、以下の対策を講じてください。
 ・大雨や台風などで浸水が予想される際、浸水前に安全に避難が出来る計画を立てる。
 ・建物を浸水想定深さより高い位置へ避難が出来る構造とする。
 ・その他安全な避難が可能な対策

基準の内容

 詳細な基準等は、こちらをご覧ください。

浸水想定区域の確認方法とマイ・タイムラインの作成方法

浸水想定区域の確認方法とマイ・タイムラインの作成方法については、こちらをご覧ください。

作成に使用するチェックシート及びマイ・タイムライン作成シートは、こちらを参考にしてください。

マイ・タイムラインについては、こちらに詳しく説明されていますのでご覧ください。

 こちらの運用は、令和4年4月1日受付の開発許可等から適用します。

 申請には、浸水ハザードパップで表示されたマップを印刷したものと、作成されたマイ・タイムラインの添付をしてください。

 自己の居住用以外の許可を受ける場合や詳細につきましては、建築指導課 開発担当まで直接お問い合わせください。
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎7階
開発担当
Tel:026-224-7292
Fax:026-224-5124
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る